赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

カベルネ・ソーヴィニヨンという響きは、それほどワインに詳しくない方でも聞き覚えがあるのではないでしょうか。それもそのはず、カルベネ・ソーヴィニヨンとは、赤ワイン用のブドウの代表的な品種名なのです。今回は、赤ワインの王道であるカベルネ・ソーヴィニヨン種を使ったおすすめのワインと、それに合うお料理をご紹介いたします。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

シャトーの定義

フランス南西部のボルドー地方が原産で、世界で最もメジャーな黒ブドウ品種です。世界中で栽培されるようになった理由は、この品種が土壌への適応力が高く、病気に対する耐性も強いから。栽培しやすい品種ということです。冷涼地域と温暖な地域では、同じカベルネ・ソーヴィニヨンでも味わいが異なります。

ブドウ自体は、やや小粒で青みがかった黒っぽい色をしています。この色が、あのうっとりするほど美しいルビー色へ変化するのです。また、厚い皮と種から出るタンニンの成分はしっかりとした渋みを生み出します。香りは、濃厚なカシスやブルーベリーなどがメインですが、産地や熟成具合によっては、針葉樹の香りに例えられることもあります。

深みのある色合いとしっかりとした渋みを持つ、凝縮感のあるフルボディのワインになります。濃厚で飲みごたえのある赤ワインとイメージしてください。

カベルネ・ソーヴィニヨン種から作られたワインは熟成させるのに向いており、長い時間をかけてとびきりのワインになる可能性を秘めています。

赤ワインの世界を知ってみたいという方は、赤ワインの王道とも言えるカベルネ・ソーヴィニヨン種から始めるのをおすすめします。まずはカベルネ・ソーヴィニヨン種のワインを味わい、他の品種と比較するための基準としてはいかがでしょうか。その際は、カベルネ・ソーヴィニヨン種そのものを味わえるよう、ブレンドされていないものを選ぶとよいでしょう。

カベルネ・ ソーヴィニヨンの主な産地

世界中で生産されているカベルネ・ソーヴィニヨン種だからこそ、地域ごとに飲み比べて好みを探すという楽しみがあります。主な産地とその特徴をご紹介します。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・フランス

やはりカベルネ・ソーヴィニヨン種の赤ワインと言えばボルドー地方です。高級なワインからデイリーワインまで様々なワインが生産されています。ボルドー地方では、カベルネ・ソーヴィニヨン種と他の品種をアサンブラージュ(ブレンド)するのが一般的。ブレンドによって引き立つ味わいが魅力です。

・イタリア

南北に細長いイタリアの北西に位置する、トスカーナ地方沿岸部のボルゲリが有名な産地です。イタリアの太陽をたくさん浴びて育ったカベルネ・ソーヴィニヨン種は、重厚さとともに親しみやすさも兼ね備えています。

・アメリカ

アメリカ西海岸のカリフォルニア州で最も広く栽培されているのが、カベルネ・ソーヴィニヨン種。凝縮されたカシスの風味と、オークの新樽で熟成されたことによって生まれる強い香辛料のような香りが特長です。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・南アフリカ

南アフリカは、近年ワインの産地として注目されています。ここでもカベルネ・ソーヴィニヨン種は最も広く栽培されています。地中海性気候ながら冷涼な気候のもと、程よい酸味が特長の風味豊かなワインが生まれています。

・オーストラリア

オーストラリアではシラーズ種が赤ワイン品種として有名ですが、それに次いで多いのがカベルネ・ソーヴィニヨン種です。シラーズ種とブレンドしたスタイルのワインも支持されています。

・チリ

チリの気候は、カベルネ・ソーヴィニヨン種にとって最適ともいえる条件です。手頃な値段とその品質の高さで、「チリカべ」とも呼ばれて日本でも人気です。黒系果実の風味とミントやハーブのような爽やかな香りが特徴です。

・日本

海外のカベルネ・ソーヴィニヨン種と比べると、穏やかであっさりとした風味が特徴です。油分の少ない日本食とも合わせやすいのがうれしいポイントです。

カベルネ・ソーヴィニヨンを使ったおすすめワインと相性の良い料理

カベルネ・ソーヴィニヨン種の産地ごとのおすすめワインと、一緒に楽しみたいお料理をご紹介します。カベルネ・ソーヴィニヨン種の特長の1つである渋みにはどのような料理が合うのかという参考にもしてください。

◆フランス

ボルドーから、カベルネ・ソーヴィニヨン種をメインに他のブドウ品種もアサンブラージュ(ブレンド)されたワインを2つご紹介します。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・コーディア コレクション・プリベ・マルゴー(参考小売価格:3,700円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/T472/index.html

メルロー種とブレンドされたワイン。まろやかな口当たりで固さのないタンニンが特長的です。レバーペーストとご一緒に。レバーの風味を邪魔せず引き立てます。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・コーディア コレクション・プリべ・メドック (参考小売価格:1,250円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/G088/index.html

メルロー種とのブレンド。濃厚な香りとしっかりとしたコクのあるこのワインとは、ビーフシチューのような濃厚なお料理との相性が抜群です。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

◆イタリア

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・カステッロ・ディ・ガビアーノ アッリンツァ・トスカーナ(参考小売価格:6,800円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MN19/index.html

メルロー種とブレンドされており、非常にバランスのよいワインです。黒胡椒、クローブ、熟した果実の香りが特徴的。ミートローフと合わせてお楽しみください。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

◆アメリカ

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・ベリンジャー・ヴィンヤーズ ファウンダース・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:2,000円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/C469/index.html

こちらはブレンドなしの単一品種でのワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン種をしっかり味わえます。赤ワインにはお肉という固定概念を外して、マグロのステーキを合わせてみてはいかがでしょう。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

◆南アフリカ

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・ディステル ネダバーグ・カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:1,517円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LL41/index.html

ほどよいタンニンと果実味の絶妙なバランスをもつワインです。すでに飲み頃ですが、まろやかさを増すために最長10年程度の熟成も可能。どっしりしたローストビーフの味わいをしっかりと支えてくれるワインです。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

◆オーストラリア

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・ペンフォールズ クヌンガ・ヒル・シラーズ・カベルネ(参考小売価格:2,000円

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MN41/index.html

オーストラリアを代表するシラーズ種とのブレンド。ダークチョコレートとモカの香りに始まり、だんだん変化する香りが魅力。豚肉の料理と相性がよいので、意外にもお好み焼きとも楽しめそうです。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

◆チリ

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・120(シェント・ベインテ)カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:1,200円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/T454/index.html

完熟した果実、プラムの香りなど凝縮感のある、カベルネ・ソーヴィニヨン種独特の味わいが感じられます。ハンバーグと合わせると、お肉の脂をカベルネ・ソーヴィニヨン特有のタンニンがさっぱりとさせてくれます。ぜひマリアージュを楽しんでください。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

◆日本

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力

・安曇野池田カルベネ・ソーヴィニョン2015(参考小売価格:5,000円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PY20/index.html

力強さと熟成されたタンニンの甘さを感じられる凝縮感あふれる日本ワイン。深いルビーレッドが印象的です。和牛ステーキと合わせると、繊細な肉の甘みが一段と深く感じられるでしょう。

赤ワインの代表格「カベルネ・ソーヴィニヨン」の魅力


※ワインについては、記事掲載時点の情報です。


まとめ

赤ワインの代表的品種であるカベルネ・ソーヴィニヨン種を使ったワインをご紹介しました。産地によって様々な味わいがあるので、飲み比べるのも大きな楽しみです。好みの1本を見つけたら、今度はお料理によってワインを選んでみるのもいいですね。ワインの産地に想いを馳せつつ、おいしい時間を過ごしてみてください。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
赤ワインに合うおつまみはどれ?おすすめのおつまみをご紹介

2018.3.12

ワインは「マリアージュ(結婚)」という表現があるほど、食材との組み合わせによってワインの味わいも大きく変わってくる、奥が深いお酒です。この記事では、赤ワインのおいしさを倍増させてくれるおつまみをご紹介します。

アサンブラージュって何?メリットと使用されるブドウの種類

2018.5.25

アサンブラージュという手法は、ボルドーワインの安定した品質と供給、奥深い味を守り続けています。