BYOでお気に入りのワインをお気に入りのお店で楽しむ

ワインを楽しめるお店で、BYOという文字をみたことがありますか?これはオーストラリアで生まれたワインの楽しみ方。日本ではあまり馴染みがなく、耳にしたことがない人も多いでしょう。外出先の飲食店でもおいしい料理に合わせて自分の気に入っているワインを飲みたい、そんな風に考えているのなら、BYOについて知っておいて損はないでしょう。今回はBYOとは何か、さらにワインを持ち込めるお店を紹介するサイトをご案内します。

BYOでお気に入りのワインをお気に入りのお店で楽しむ

ワインをお店に持ち込み?BYOとは?

BYOとは、「Bring Your Own」を略したものです。直訳すると「持参」という意味になります。自分の好きなワインを飲食店に持ち込むことをBYOといい、これはオーストラリアで独自に生まれた文化です。オーストラリアでは、飲食店の看板に「BYO」と書かれていれば「ワインを持ち込んで良いですよ」ということになります。

例えば、あなたが「ここの料理にはこのワインが絶対合うと思う!」と考えていても、そのお店に同じワインがあるとは限りません。ワイン好きの方なら、「このお店にあのお気に入りのワインを持ち込めたらな」と考えたこともあるでしょう。そんな時に利用できるのがBYOのできるお店です。

ただし、BYOはどこのお店でもできるわけではありません。また、持ち込みの際に抜栓料(corkage fee)と呼ばれる費用のかかる飲食店もありますので、持ち込めるのか、持ち込めるなら費用はかかるのか気になるお店には事前に確認してみましょう。

・BYOでお店側に確認しておきたいこと

1.BYOが可能か
2.持込料・抜栓料の有無と費用について
3.当日持っていく必要があるものがないか

国によってBYOのマナーや礼儀が異なることもあります。日本だけでなく、海外でもワインの持ち込みを行いたい時には注意が必要です。

BYOでお気に入りのワインをお気に入りのお店で楽しむ

まず、日本と同じく事前にBYOが可能かどうか確認しておきましょう。アメリカでは州によってはBYOが禁止されていることもあります。逆に推奨されていることもあるので、抜栓料の金額や持ち込むワインがすでにお店のリストに入っていないか確認しましょう。

ワインを持ち込む時には、ソムリエや飲み物のディレクターなどに事前にボトルを提供すると親切です。プロにテイストを確認してもらい、おすすめの料理を教えてもらうという方法もあります。お店のワインのラインアップよりも値段の低いものを持ち込まないのもマナーです。これはレストランにもそのスタッフにも失礼な行いになってしまいます。

おいしいワインと料理を楽しむためには、マナーを守りましょう。抜栓料や持込料についてお店側とトラブルにならないよう注意してください。

ワインをお店に持ち込むメリットって何?

ではワインをお店に持ち込むことでどのようなメリットが得られるのでしょうか。食べることが好き、ワインを飲むことが好きという方にとって、お店のメニューと一緒にお気に入りのワインを楽しめるのは大きなメリットです。場合によっては、お店で飲むよりもお得にワインを飲めることもあるでしょう。

BYOでお気に入りのワインをお気に入りのお店で楽しむ

BYOでお気に入りのワインをお気に入りのお店で楽しむ

ボトルが空けば瓶を処分してもらえるお店もありますし、お店によってはお持ち帰り用の袋を用意してくれることもあります。おでかけ先でお気に入りのワインが見つけられずにこれまで家でワインを飲むのが主流だったという方も、BYOができるお店なら気兼ねなく好きなワインを堪能できます。

しかもワイングラスやワインクーラーなどはお店のものを利用するため、より本格的にお気に入りのワインを楽しめます。ソムリエがいるお店なら、ソムリエがワインを注いでくれます。自宅で味わうのとはまた別の特別感もでるでしょう。BYOで記念日や特別な日に、自分の選んだワインとおいしい料理を大切な人と一緒に楽しんでみましょう。

ワインを持ち込めるお店を知りたい!手軽に検索できるサイト、Winomyオープン!

このようにワイン好きにはメリットの大きいBYO。普段から利用したいのであれば、ワインを手軽に持ち込めるお店を検索できるサイト「Winomy」(https://www.winomy.jp/ )を利用してみてはどうでしょうか。

BYOに特化したサイトで、ワイン好きの方におすすめです。気になる持込料や抜栓料も掲載されており安心してBYOに挑戦できそうですね。自分で買ったお気に入りのワインを持って、手軽に利用してみましょう。

まとめ

自分の好きなワインを好きな料理と楽しめるBYO。オーストラリアで生まれた独自の文化ですが、世界各国で行われているものであることが分かりました。BYOのできるお店を探す時にはサイトを利用してみてください。

BYOを実際に行う時には、抜栓料や持込料について事前に確認し、お店側に礼儀を欠かないようマナーを覚えてから行きましょう。お好みのワインをプロの料理と一緒にぜひ楽しんでみてくださいね!

目次へ

RELATED POSTS関連記事
失敗しないレストランでのテイスティングの方法

2018.2.1

レストランでワインを頼んだ時にテイスティングを求められて焦ったことはありませんか?これはホスト・テイスティングと言われるワインを嗜むうえでの基本中の基本マナーです。

ワインを素敵に飲むために押さえておきたいマナー

2018.2.1

この記事ではワインのボディについて紹介しています。ワインを飲んだことのある人だったら「フルボディ」「ライトボディ」などといった言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか?

意外と簡単?ワインをオーダーする方法

2018.2.1

本格的なイタリアンやフランス料理を頼んだらワインをオーダーするのはつきものですよね。かっこよくスマートに頼みたいなと思ってもメニューを見ても難しい言葉ばかり書いていてわからないということはありませんか?高いのを頼めばいいの?