甘くておいしい貴腐ワインはどうやって造られる?

貴腐ブドウから造られる貴腐ワインをご存知ですか?名前は聞いたことはあるけれど飲んだことはない、という方も多いのではないでしょうか。輝きのある色、はちみつのように優しく甘い香り、心地良い酸味と豊かで洗練された甘味が魅力の貴腐ワイン。どのようにして造られているのか気になりますよね。ここでは、貴腐ワインとはどのようなワインなのか解説し、さらにおすすめの貴腐ワインを紹介します。

甘くておいしい貴腐ワインはどうやって造られる?

貴腐ワインってどんなワイン?

貴腐ワインは、「ワインの帝王」とも呼ばれる、とても希少性の高い最高級の極甘口のワインです。冒頭でも触れたとおり、貴腐ブドウと呼ばれる通常とは異なる栽培方法によって収穫されたブドウを使用しています。

極甘口のワインといえば凍ったブドウから造られるアイスワインが有名ですが、貴腐ワインはアイスワインとまったく異なる製法で造られていますので、詳しくみていきましょう。

貴腐ブドウを造るには

甘くておいしい貴腐ワインはどうやって造られる?

まず、貴腐ワインのもととなる貴腐ブドウを造るためには、貴腐菌(ボトリティス・シネレア菌-灰色カビ菌)と呼ばれる菌が必要です。

貴腐菌は、通常であればブドウを腐らせてしまう厄介な菌なのですが、特定の気象条件が揃うことで、おいしい貴腐ワインのもととなる貴腐ブドウを造りあげます。

その気象条件とは、夏の晴天が多く、9月から収穫までの間に「朝もや」が発生し、午後になると晴れるというものです。ポイントは適切な湿度であること。一般的には夜間湿度が高く、昼は日照量が非常に多いことでも貴腐ブドウになります。ただしこの条件は毎年そろうわけではないため、貴腐ワインは希少性が高いのです。

貴腐菌が付着すると、ブドウは果皮が溶け、表面に小さな穴が開いてしまいます。このことにより、果実の水分が蒸発し、糖分だけが残り甘味が増していくのです。貴腐菌に覆われ、しわしわになった見た目は、干しブドウをイメージすると分かりやすいでしょう。

貴腐ブドウから搾汁するのには通常よりも大きな圧力を必要とするため、貴腐ブドウの圧搾には専用の機械を使用します。

甘くておいしい貴腐ワインはどうやって造られる?

製造方法に貴腐ワインの甘さの秘密がある?

希少性の高い貴腐ワインは、とても丁寧に造られています。貴腐菌がついたブドウは一房ずつ厳選し摘み取られ、その後ゆっくりと発酵させることで糖度をさらに上げていきます。

おすすめの貴腐ワインをご紹介

甘くておいしい貴腐ワインはどうやって造られる?

どうやって貴腐ワインが造られているのかが分かると、とても希少であるからこそ高価なものであると納得しますよね。毎日飲めるワインではありませんが、特別な日には贅沢に味わってみたいという方も多いでしょう。

ここからは、そんな特別な時に飲んでいただきたい、おすすめの貴腐ワインを紹介します。

甘くておいしい貴腐ワインはどうやって造られる?

グランポレール 長野古里ぶどう園 貴腐 2011年(参考小売価格:30,000円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LL22/index.html
リースリング種の貴腐ブドウを使った贅沢な貴腐ワインが「グランポレール 長野古里ぶどう園 貴腐 2011年」です。ワインの色は白を越えて黄金色に輝き、ハチミツのような甘さと香りをまとっています。

しかし酸味も程良くあるため、甘味はとても洗練されていて飲みやすさもあります。このワインの原料となった貴腐ブドウの糖度はなんと平均42度。

貴腐ブドウは、日本であっても上記で解説したような気候条件が揃わなければ栽培できません。そのため毎年製造できるわけではなく、日本の貴腐ワインは本当に珍しいものといえるでしょう。

グランポレール 山梨シラー貴腐 (参考小売価格:150,000円)

甘くておいしい貴腐ワインはどうやって造られる?

http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000021900/index.html
こちらは大変珍しい赤品種のシラー種から生まれた貴腐ワイン。貴腐ワインは一般的に白ブドウ品種から造られるため、世界的に見ても珍しいワインです。「グランポレール 山梨シラー貴腐」は、先程のものよりさらに希少性が高くなっています。生産量が少ないため、2005年から2008年、2013年の5年分のワインをブレンドしており、艶のある琥珀色をしているのが特長です。

このワインの希少性を高めているのは、少ない生産量や手間暇をかけた栽培・醸造であることに加え、チーフワインメーカーがラベルに施した手書きのシリアルナンバー。つまり、同じボトルはこの世に2つとないのです。グランポレールのロゴ入りバカラのワイングラス1客をセットにした特製ギフトボックス入りです。

きわめて高い糖度のブドウから造られているため、ボトルのまま熟成を深めていくこともできます。日本の貴腐ワイン製造技術を集結させた数量60本限定販売ボトル、大切な人への特別な贈り物としてもおすすめです。


まとめ

特定の気象条件が揃わないと造られない貴腐ワイン。雨が多すぎる年や、秋になっても「もや」の出ない年には、同じ菌がついても貴腐ブドウにはならず、そのまま腐ってしまいます。

とっても不思議な貴腐ブドウですが、成功した年には驚くほど甘くおいしいワインの原料となります。極甘口のワインが好きな方なら、その甘美な味にハマってしまうかもしれません。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインは酸化するもの?その理由と酸化を防ぐ酸化防止剤の役割とは

2018.3.31

よく開栓後のワインは酸化するといいますが、なぜ酸化するのでしょうか?ここではワインが酸化する原因と、ワインに使われることの多い酸化防止剤について解説します。

ワインのブドウ品種をご紹介

2018.2.1

普段ワインを飲んでいて、ブドウの品種について気になったことがある人も多いのではないでしょうか?ワインは品種によって味がかなり変わってきます。

製法を知ってワインをよりおいしく

2018.2.1

ワインをもっと詳しくなりたい!そう感じている方はワインの製法についても学んでみると良いでしょう。赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン。