ビオマニア<オーガニック>でオーガニックワインの魅力をもっと楽しもう

新たに発売されたビオマニア<オーガニック>は、サッポロビールのワイン開発チームが世界中のワイナリーから厳選したオーガニックワイン。オーガニックにこだわりのある「ワインマニア」も納得できる品質のワインに仕上がっています。まだオーガニックを試したことがないという方にもおすすめの、ビオマニア<オーガニック>の魅力をご紹介します。まずは、オーガニックワインとビオワインについての解説からスタートします。

オーガニックワイン、ビオワインとは

ビオマニア<オーガニック>でオーガニックワインの魅力をもっと楽しもう

オーガニックワインとは

オーガニックワインとは、農薬や化学肥料を使わず、自然の恵みを生かした栽培方法のブドウから造ったワインのことです。

オーガニックワインと名乗るには認証が必要で、こまかな規定は各国で異なります。

ビオワインとは

国によってその定義は異なりますが、日本ではビオワインについて表示の規定はありません。オーガニックを名乗るためには認められた認証機関での有機認証が必要ですが、ビオを名乗るための認定は特にないのです。

そのため、有機栽培のブドウで造られたワインを、生産者が独自の基準でビオワインと呼んでいることも多くあります。

このような事情から、確実に有機栽培のブドウで造られたワインを飲みたいなら、オーガニック認証のついたワインを選ぶと安心です。

IMOから有機認証を受けた「ビオマニア<オーガニック>」

ビオマニア<オーガニック>でオーガニックワインの魅力をもっと楽しもう

7月10日に発売したビオマニア<オーガニック>(参考小売価格:860円)は、スイスの有機認定団体(IMO)から認証取得したチリワインを使用しており、赤ワインと白ワインの両方を楽しめます。

IMO(スイスの有機認定団体)とは

スイスの有機認定団体であるIMOは、1989年に設立され、アメリカの農務省から国家有機プログラム(NOP)を認可されているほど信頼された存在です。

品質保証と、有機栽培製品や栽培方法が環境に優しいものであるかどうかを調査し、認定するスイスの代表的な認定機関です。

ワインだけではなく、チョコレートなど多くの食品のオーガニック認定を行っています。日本でも海外商品を取り扱うスーパーなどで、IMO認定のオーガニック原料を使用した商品が販売されているので、もしかしたらあなたも口にしたことがあるかもしれませんね!

ビオマニア<オーガニック>の有機栽培

ビオマニア<オーガニック>でオーガニックワインの魅力をもっと楽しもう

ビオマニア<オーガニック>は、オーガニックにこだわりたいワイン愛好家のために厳しい品質チェックを経て発売されたオーガニックワインです。

化学的な殺虫剤、農薬、除草剤などをいっさい使わず、自然の生態系循環に取り組んだ栽培方法で安全なブドウを生産しています。

ビオマニア<オーガニック>のラベル

ビオマニア<オーガニック>は、ワインマニアのお眼鏡にかなう1本として、ラベルに描かれた大きな眼鏡のイラストが印象的です。

オーガニックを表すようなナチュラルテイストのラベルデザイン。誰かに買ってきてもらったり、おすすめしたりする時は、「ビオマニア<オーガニック>!」と伝えるよりも「眼鏡のイラストが入ったラベルのワイン!」のほうが通じやすいでしょう。

そんな親しみやすいデザインも、ビオマニア<オーガニック>の魅力の1つです。

ビオマニア<オーガニック>の特長

ビオマニア<オーガニック>には赤ワインと白ワインの両方があるので、料理に合わせて飲みたいこだわり派の方にもおすすめできます。

また、オーガニックワインについての意識調査では、購買意欲や興味関心はあるものの、オーガニックは高いイメージがあって購入しにくいという調査結果が出ています。

ビオマニア<オーガニック>は1,000円未満のお手頃価格にも関わらず、高品質でしっかりオーガニックにもこだわった、とても身近に楽しめるシリーズです。オーガニックワインに興味があるけれど、高いのは手を出しにくいという方こそ、ビオマニア<オーガニック>から体験してみてください。

ビオマニア<オーガニック>ワインをご紹介

赤ワインの「ビオマニア<オーガニック>チリ カベルネ・ソーヴィニヨン」は、その名のとおり有機栽培のカベルネ・ソーヴィニヨン種を使用しています。(参考小売価格:860円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PP99/index.html

やわらかいながら程良く存在感を放つタンニンと、酸味のバランスが抜群。夏にもぴったりの1本です。カシスやチェリーのような黒いベリー系の香りは、肉料理全般に合わせられるので、「お肉にはぜったい赤ワイン!」派の方にもおすすめです。

 

ビオマニア<オーガニック>ワインをご紹介

ビオマニア<オーガニック>ワインをご紹介

対して白ワインの「ビオマニア<オーガニック>チリ シャルドネ」は、魚料理全般に合わせやすいのが魅力。さっぱりした辛口で、モモ肉の焼き鳥やクリーム系パスタなどとも相性ぴったりです。(参考小売価格:860円)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PQ00/index.html

柑橘系や桃などフルーティな香りの中にふっと感じるオレンジの花。口当たりのやわらかさと、優しい酸味を彩る華やかな香りの中で、微かに顔を出す苦味が料理の味を引き出してくれます。


ビオマニア<オーガニック>ワインをご紹介

まとめ

オーガニックワインとビオワインは、認定の有無などこまかな部分が異なります。有機栽培ブドウ使用で自然な味のワインを楽しみたい、安心安全に気を使いたい方は、オーガニック認証の有無をチェックしてみてくださいね。

今回ご紹介したビオマニア<オーガニック>は、IMO認証の気軽に飲めるオーガニックワイン。初めてオーガニックワインを飲むという方にも、ぴったりのワインです!

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインは酸化するもの?その理由と酸化を防ぐ酸化防止剤の役割とは

2018.3.31

よく開栓後のワインは酸化するといいますが、なぜ酸化するのでしょうか?ここではワインが酸化する原因と、ワインに使われることの多い酸化防止剤について解説します。

オーガニックワインの魅力って?

2018.2.1

自然派食材が好きな人におすすめなのがオーガニックワインです。通常のワインと違うのは化学物質を使っていないブドウで造られているということ。

日本で人気がとまらないチリワインの特長とは

2018.2.1

最近よくみるようになってきたチリワイン!!安くて美味しいだけでなく実は歴史が深いワインの一つなんです。2015年には日本の輸入量第一位になっています。