Penfolds

日本初「リコルキング・クリニック」を7月28日(金)に東京で開催!
~5月23日よりオンライン登録開始、当日はピーター・ゲイゴ氏の来日も~

グローバルに展開するワイン会社、トレジャリー・ワイン・エステーツ(日本支社所在地:東京都港区、以下TWE)は7月28日に、同社が所有するオーストラリア最高峰のワインメーカー「ペンフォールズ」(輸入販売元:サッポロビール株式会社)の日本初となる『リコルキング・クリニック』をアンダーズ東京にて開催いたします。『リコルキング・クリニック』とは、「ペンフォールズ」の15年以上のヴィンテージを有する赤ワインをお持ちの方を対象に、アフターサービスの一環として無料で行うものです。当日は、チーフ・ワインメーカーのピーター・ゲイゴ氏が来日し、「ペンフォールズ」のヴィンテージワイン1本1本の品質を丁寧に診断し、必要に応じて抜栓、試飲、ワインの充填、カプセルの交換をその場で行います。また、トレジャリー・ワイン・エステーツでは本日、5月23日より、『リコルキング・クリニック』の事前オンライン予約を以下のURLにて開始いたします。

事前予約URL:https://www.penfolds.com/en-jp/wine-advice/recorking-clinic-registration/

『リコルキング・クリニック』は、シャトー・ラフィット・ロートシルトが顧客のために古いボトルの栓を入れ替える慣習からヒントを得てスタートしました。「ペンフォールズ」では、このサービスを導入した1991年以来今日までの26年間に、150,000本以上のワインの診察を行ってまいりました。世界の高級ワインメーカーの中でも、このようなホスピタリティ精神に溢れたワインの健康管理チェックサービスを提供しているワインメーカーは「ペンフォールズ」以外にありません。『リコルキング・クリニック』は、ペンフォールズの大切なお客様への無料アフターサービスであることに加え、ワインメーカー自らが世界のさまざまな条件下でペンフォールズのワインが成熟していく様子を確認することができる唯一の機会でもあるのです。

『リコルキング・クリニック』は、ワインのヘルスチェックのほか、170年以上にわたる「ペンフォールズ」のワイン造りの歴史や生産者のワイン造りに対する思いに触れる絶好の機会であると同時に、ワインの作り手たちと直接語り合い、ワインについての様々な質問ができる場でもあります。また、ペンフォールズの15年以上のヴィンテージ赤ワインであれば、グランジ以外でもクリニックにお申込いただくことが可能です。

「ペンフォールズならではのサービスを日本の皆さまにも体験いただき、ペンフォールズのワインの品質と潜在能力を再確認できることに今からワクワクしています。私たちは、これまで26年以上に渡り、世界中で『リコルキング・クリニック』を開催してきました。クリニックで診察するワインはひとつとして同じものはないので、世界の様々な場所でこの『リコルキング・クリニック』を開催することはとても意味のあることなのです。このたび、『リコルキング・クリニック』を東京で初開催し、日本のコレクターの皆さまにもペンフォールズが誇るサービスを体験いただけることを大変嬉しく思っています」(ペンフォールズのワインチーフメーカー、ピーター・ゲイゴのコメント)

なお、本イベントは完全予約制のため、定員になり次第、お申込受付を締め切らせていただきます。本件に関するお問い合わせ等は、『リコルキング・クリニック』事務局(info.japan@tweglobal.com)までご連絡願います。

ページトップへ