「ハッピーアワーランチ」で女子力アップ

最近、育児も一段落したママたちにも、ちょっぴり異変が・・・・。
それは何やらおしゃれに進化を遂げているランチタイムの新スタイル。平日の遅めの午後、バルで言えばハッピーアワーの時間帯、仲良しのママたちが誰かのお宅に集まって、手づくりのパスタとサラダやデザートなどで「家ランチ」。

たとえば、ミニトマトとルッコラ、リコッタチーズでつくるパスタ。マンゴーにスペインの生ハム、ハモンセラーノを合わせたフルーツ。デザートはポルトガルのスイーツ、エッグ・タルト。
しかもワインを一本誰かが持参して、グラスで一杯だけ「昼間っから飲んじゃおうか!」なんていうゴージャズメニューの、かなりこだわったハッピーアワーランチ作戦があちこちで展開されているようです。ママたちはこんな「お家ランチ」で女子力アップを目論んでいたんですね。

答えはスペイン生まれのワインにあり

さて、そんな時チョイスされるワイン。どちらかといえば、食事中だけというよりは、おしゃべりをたっぷり続けながら食後まで楽しめるワインがベターなようですが、そんなニーズにまさにストライクのスペイン家庭用白ワインでNo.1(※1)の販売実績を誇るBACH(バック)がこのたび日本初上陸!

バックはスペインのカタルーニャ州生産のワイン、州都バルセロナでもとっても愛されているワインです。今回、日本で販売が開始される「バック エクストリシモ セミドゥルセ」の白は、蜂蜜、アプリコット、バニラなど、甘くフルーティーなアロマの香りが特長で、発酵時に樽を使用し、低温度で発酵させることによって心地よい酸味と甘味が絶妙に醸し出されています。また、同じく赤はベリーのような赤い果実とバニラの香りが特長、柔らかなタンニンや甘い余韻が口いっぱいに広がります。

これ一本で大丈夫!守備範囲の広いワイン「バック」

このバック、ケーキやフルーツ、チーズなどのデザート系にもピッタリ!キンキンに冷やして飲むことで爽やかなアロマやノートを醸し出し、さまざまな料理にも合う不思議な守備範囲の広さがあります。
たとえばバックの白の場合、ソテーしたチキンや白身魚のムニエル、フォアグラにも、色々なパスタにだって合いそう。またクリームチーズやゴルゴンゾーラなどのチーズをつまみながらもイケますし、たとえば桃やキウイなどの食後のフルーツとか、ティラミス、アップルパイなどのスイーツにもバッチリの相性。まさに、氷を入れたグラスで1~2杯飲みながらランチしたい女子会ランチにはうってつけの一本です。

青空と笑顔、おしゃべりが似合うワイン

地中海に面してバルセロナを州都に持つ、DOカタルーニャ(※2)の人気ブランド青空と笑顔、おしゃべりが似合いそうなこのバック、新しいテイストでこれまでのワインの飲み方を一新しそうな気配です。 これから夏にかけて、空が見えるお家のベランダあたりでスイーツといっしょに「冷甘スペインワイン」でおしゃべりを楽しんでみてはいかがでしょうか!

(※1)参考データ:IRI 2014年度集計データより

(※2)「DO」とは、デノミナシオン・デ・オリヘン(Denominnacion de Origen)と呼ばれるスペインの原産地呼称委員会が設置した格付け認定のこと。