ホーム > 採用情報 > 新卒採用情報 > 人を知る > 家庭用営業(地場チェーン)_荒木 進之介

営業スタイルのない
営業。
だから得意先を
好きになれる。

PROFILE

荒木 進之介

首都圏本部横浜統括支社
横浜流通営業部 家庭用営業

2009年新卒入社
東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科 卒

アルバイト先の飲食店で、サッポロの営業担当者に魅了される

サッポロビールに入社したいと思った理由はシンプルで、ビールの中で黒ラベルの味が一番好きだったからです。学生時代に飲食店でアルバイトをしていたのですが、そのお店で扱っていたのもサッポロビールでした。勤務中、当時のサッポロビールの営業担当者が、お客様として飲みにきていたのを覚えています。飲み方がとてもカッコよくて、「こんな大人になりたい」と思いましたね。もともとお酒全般が好きだったこと、大学の醸造科学部で発酵学を専攻していたこともあり、サッポロビールは特別だったんです。

「営業として、自分の本当に好きなものを売りたい」という軸があったので、就職活動はすんなり進みました。内定は複数もらいましたが、その中でもうそ偽りなく入社したかったのがサッポロビールだったので、連絡をもらった時点で即決しました。

営業は科学的な仕事。
少しの工夫で結果が大きく変わる

私は現在、スーパーマーケットに向けた営業をしています。スーパーというと店舗のイメージが強いと思いますが、営業では本部にアプローチをして、商品を売り込んでいくのが基本です。新規で商品を扱ってもらったり、すでに取り扱って頂いている商品をチラシに入れてもらったりして、自分の目標金額を達成できるように努力しています。

初めは、スーパーのオペレーションやシステム、商流などが分からずに苦労しました。飲食チェーン向けの営業であれば、ある店舗の生ビールを切り替えるなど、サッポロビールの商材だけを置いてもらうことが目標になります。一方、スーパーの場合はあらゆるビール商品を置かなければならないため、他社の商品の特性も知っておく必要があります。そのうえで足りない部分を見つけ、「ここをサッポロビールの商品で埋めましょう」という提案をしていくんです。知っておくべき情報が多く大変ですが、その分うまくいったときの達成感も大きい。そんなところが面白いと思っています。

また、売り上げをアップさせる手段が多いのも家庭用営業の特徴。意外だと思われるかもしれませんが、営業の仕事って科学的なところがあるんです。チラシへの掲載、定番商品への追加、月間特売の実施など、どんな販促が効果的かは商品によって異なります。少し工夫するだけで売り上げが大きく変わっていくところが、科学の実験に似ているんです。これも面白みの1つですね。

現在までのキャリア

1年目~4年目
中国エリア(主に広島県)の営業担当
5年目~7年目
首都圏エリア流通営業担当
7年目~9年目
横浜流通営業担当

営業スタイルは持たない。
だからこそ
得意先を一番に考えられる

営業の仕事では、何よりもまず得意先を知ることが重要です。「この商品がおいしい」「この商品が市場に合っている」とアピールするだけでは、営業は務まりません。特に家庭用営業の場合は、先方の販売促進計画に商品を入れてもらうことが重要。そのためチラシを分析したり、先方のオペレーションを把握したりして、どの販促に自社の商品が入れば売り上げに貢献できるかを考えながら、商談をしていきます。得意先のことを理解して、もっと言えば「好き」になって、同じ目線で考えることが大切です。

私は、営業の特徴は「何もない」ことだと思っています。営業は商品を製造しているわけでも、運んでいるわけでもありません。商品をお客様に売っているのも得意先です。だからこそ、脇目も振らずに得意先のことを考えられるんです。一社一社を好きになり、「この得意先にはどの選択肢が一番ふさわしいか」を考えるのが私たちの仕事です。
経験を重ねると自分の営業スタイルができてくる人も多いですが、私はそうしたスタイルはつくりたくありません。決まったやり方をもたないことで、どんな得意先の懐にも潜り込み、結果を出せる。それが私の目指す営業ですね。

検索やコピペよりも、
自分で考えて行動することが楽しい

今は、学生時代に憧れていた「カッコいい大人」に少しでも近づけるよう、仕事もプライベートも充実させようとしています。私が考える「カッコいい大人」とは、信念があり、器が大きく、そして愚痴を言わない人。私が知っている先輩は、愚痴が出がちな飲みの席でも、「次は何がやりたい?」「次はこんなことを仕掛けていこう」と前向きに考え、得意先や数字のためにがんばっています。私もそんな大人になりたいですね。

これから入社してくる若い世代の皆さんには、私たち先輩をがんがん突き上げてほしいと思います。勢いがあり、先輩に噛みついてくるような、少し破天荒なくらいの人と働きたいですね。最近では、分からないことをすぐに検索して、それをコピペする若い人たちも多い。そうではなく、自分で考えて行動できる人が、これからのサッポロビールには求められると感じています。自分でアイディアを絞り出し、それを実行することは、検索やコピペよりもずっと楽しい!
サッポロビールでの仕事は、やりがいや面白みに満ちていると思います。

1日のスケジュール 休日の過ごし方

1日のスケジュール

9:00
出勤
10:00
メールチェック
11:00
売上(POS・RDP)確認、チーム情報発信
14:00
提案資料、先方提出資料作成
15:00
得意先(本部・店舗・物流センターなど)
訪問
21:00
直帰

休日の過ごし方

「こだわりがないこと」にこだわり、得意先を一番に考えること。営業の方法や言い回しも、その企業に一番刺さるように変えています。何より、どの得意先を担当しても、その企業を好きになれるのが強みですね。自分の担当企業に貢献することを最優先に考えられるのが、私のオンリーワンなところだと思っています。