ホーム > 採用情報 > 新卒採用情報 > 人を知る > エンジニアリング部_永田 大樹

多品種少量生産
実現し、お客様の
「飲みたい」に
応える。

PROFILE

永田 大樹

静岡工場
エンジニアリング部

2014年新卒入社
北海道大学大学院
工学院 卒

製造能力増強プロジェクトで、
多品種少量生産を目指す

アルコール飲料に求められるニーズは多様化しています。こうしたニーズに応えていくため、「多品種少量生産」を目指す「製造能力増強プロジェクト」の担当をしています。求められる飲料製品のスペックを実現するため、新しく導入する設備の仕様を検討し、導入工事を実施することが仕事です。「エンジニア」という言葉から連想するイメージとは違うものを求められることが多いですね。入社4年目ですが、接する相手は現場のプロばかり。若くても責任のある仕事に就けるのは、サッポロビールの魅力の1つです。

入社からの1年間はビール造りの基礎を学ぶ研修を受けました。基礎知識を一通り学んだら、製造現場に出て、研修で学んだことを身に付けます。ここで常に現場を意識する習慣が身に付きました。2年目から3年目の半年間は、ビール造りに不可欠なユーティリティー設備(※)の総括担当に。3年目の後半からは、現在の「製造能力強化プロジェクト」に携わっています。

※ユーティリティー設備:工場の運転に必要な水・電気・蒸気などのライフラインを供給する設備。

失敗に学び、
過去のトラブルを知識化する

設備工事を行う際は、コミュニケーションが何よりも重要です。対外的な交渉を行うことも多く、高いコミュニケーション能力が求められます。エンジニアの仕事は「想い」を具現化すること。会社の意向と施工現場の作業に解離があってはいけません。自分たちの「想い」を実現できるよう、事前に入念なコミュニケーションを取ることを意識しています。ミスの許されない責任を強く感じていますね。

取り返しの付かないことになりかねない現場なので、失敗をしないための努力を重ねています。重要なのは、失敗をしてしまったとき、そこから何を学ぶかということ。過去のトラブルを知織化することが必要です。トラブルの原因を解析し、次に繋げる。毎日が学びの連続です。

現在までのキャリア

1~2年目
各職場での現場研修、小規模工事担当
3年目
工場のユーティリティー供給の統括担当
4年目
製造能力増強プロジェクト担当

楽しいときも苦しいときも、
サッポロビールが近くにあった学生時代

幼少期から野球少年で、大学でもラクロスなどのスポーツに熱中しました。大学時代を札幌で過ごしたこともあり、楽しいときも苦しいときも、いつもサッポロビールが近くにありました。

スポーツを通して身に付けた習慣は、現在も活きています。普段から何か選択を迫られたときは、辛い道を選ぶようにしています。ほかにもラクロスから学んだことは多いので、学生の皆さんにも、自分の好きなことを突き詰めてほしいです。

就職活動でメーカーを志望したのは、仕事の成果が目に見える形で残る業界で働きたかったから。車などの高価格な製品よりも、日常生活で触れるものをつくりたいと思い、食品・飲料業界に興味を持ちました。サッポロビールに入社したのは、ヱビスビールが大好きだったことに加え、技術力の高さや、少数精鋭で若いうちから仕事を任せてもらえる社風にも惹かれたからです。

入社前からサッポロビールには熱い想いを胸に秘めた人が多いと聞いていました。いざ入社してみると、サッポロの社員は、私のイメージした期待値のハードルを飛び越えていました。それぞれの社員の胸に、商品への並々ならぬ愛情や、仕事へのプライドが生きています。これは会社の魅力の1つだと思います。

夢は海外に
ビール製造工場を立ち上げること

私の夢は、自分の好きなサッポロビールを海外にも広めること。将来は、海外のビール製造工場の立ち上げに携わりたいです。ほかにもビール工場のエンジニアとして培った知見を、いろいろな方面で活かしていきたいですね。

今はまだ自分だけの強みがないので、これからは自分にしかない強みをつくっていきたいです。普段接している社員は、その道の経験者ばかり。一人ひとりがパズルのピースのように、重要な役割を担っています。自分も同じように高い目標を目指していきたいです。

そのためにも、まずは社内外を問わず、交流の場を持つようにしています。コミュニティを広げることで、自分の知見も広がります。仕事仲間との「飲みニケーション」もその1つです。サッポロビールは「働き方改革」にも力を入れているので、私もいろいろなことに時間を割けるよう意識して行動しています。

1日のスケジュール 私のオンリーワン

1日のスケジュール

8:30
出勤
9:00
朝礼参加、現場視察
10:00
メールチェック
11:00
新規設備工事の仕様確認打ち合わせ
14:00
工事現場確認、現場監督と詳細打ち合わせ
17:00
仕様検討資料作成、物品手配
18:00
退勤

私のオンリーワン

私のモットーは「No pain no gain(痛み無くして成長なし)」。これまでも意識的に厳しい道を選択してきました。この姿勢は、学生時代から継続しているラクロスなどのスポーツを通して学んだことです。何事もチャレンジ精神で挑みます。