ホーム > 採用情報 > 新卒採用情報 > 人を知る > ブランド戦略部|齋藤 愛子

「ビール離れ」
世代にも、
ビールの楽しさ
を伝えたい。

PROFILE

齋藤 愛子

ブランド戦略部
サッポロブランド
第2グループ
新ジャンルブランド担当

2010年新卒入社
明治大学 商学部 卒

新価値開発部は「生みの親」、
ブランド戦略部は「育ての親」

お客様の嗜好の移り変わりや酒税法の改正など、お酒を取り巻く環境は日々変化しています。そうした変化に対応し、どんな戦略がブランドの成長にふさわしいかを考え、実行する。これが私たちの仕事です。2~3年先を見据えた中長期プランを、具体的な計画に落とし込んで遂行していきます。何十年も続いている商品もあるので、私たちの代で歴史を途切れさせるわけにはいきません。責任の大きな仕事です。

担当している主なブランドは「ホワイトベルグ」と「麦とホップ」。どちらもブランドのアイデンティティーは大切にしつつ、どのようにアピールすれば今の世の中により受け入れて頂けるかを考え、時代にあったブランドへと進化させています。

その中で広告やプロモーションを実行するには、他の部署と連携することも大切です。なかでも密接な関係にあるのが新価値開発部。言ってみればブランドの生みの親です。新価値開発部が生んだ商品を、どう育てていくか考えるのが私たちのミッションです。新価値開発部の「想い」を受け継ぎ、「共に育てる」という気持ちで取り組んでいます。

映画や旅行にはない、
お酒だけの魅力は「身近さ」

子どもの頃から人を楽しませることが好きでした。学生時代にサークルのマネージャーをしていたときも、人を集めて楽しませることに夢中でしたね。社会人になっても、人が楽しんでいる瞬間に立ち会える仕事がしたいと思い、就職活動ではエンタメ業界や旅行業界なども幅広く見て回りました。でも大人の場合、映画や旅行を楽しむには、仕事を早く切り上げたり、休みを取ったりしなければいけません。お酒は気軽に飲めますし、お金も多くはかかりません。飲めば気持ちが解放されて、話も弾む。大人にとって一番身近な楽しさは、お酒だと思うようになりました。

就職活動では、先輩や面接官からのフィードバックを大事にするのも良いと思います。「君ってこうだよね」というフィードバックが、自身の考えと違っていたら、相手には自分が違うように見られているということ。自分の表現の仕方を変えたり、それでもうまく受け入れられなければ志望業界を変えても良いかもしれません。私も業界によって相性に差があるように感じましたが、ビール会社のときは選考が楽しく、面接官の方との話も弾みました。

現在までのキャリア

1年目~3年目
東海北陸本部マーケティング部、ワイン・洋酒担当
4年目~5年目
企画推進部デジタルマーケティング室、EC担当。ECのマーケティングに関する業務、デジタルマーケティングに関する調査・研究など

若者や女性に、
もっとビールの魅力を
伝えたい

現在の仕事の目標は、お酒を通じて1人でも多くの人を楽しませること。ビールを飲まない人たちにもビールのおいしさに気づいてもらいたい。それが日々の生活を楽しくするお手伝いになり、サッポロビールが掲げる「乾杯をもっとおいしく」の実現にもつながると思います。

私が担当している「ホワイトベルグ」は、フルーティーな飲みやすさが魅力。普段あまりビールを飲まない若年層や、苦味が苦手な女性のお客様にも、是非手に取って頂きたい商品です。難しいのが、そうしたお客様にどうすれば興味を持っていただけるかということ。ビール業界のことだけを考えていても難しく、お客様の中で流行っている音楽やフード、人気のスポットなどにヒントがあることも多くあります。常にトレンドをキャッチする感性を磨くよう心がけています。

2017年は、ホワイトベルグで「OCEAN PEOPLES」という野外イベントにブースを初出店。SNSにハッシュタグをつけて写真を投稿すると、2杯目が無料になるというプロモーションを行いました。ブランドを知らなかったという若い人たちにもとても好評で、これまで接点のなかった人たちに魅力を伝えることができました。

乾杯の楽しさを、
日本から世界へ

将来的には、海外事業にも興味があります。日本とは文化や価値観の違う海外でも、サッポロビールのおいしさや乾杯の楽しさを伝えたいです。

就職活動のとき、サッポロビールを選ぶ決め手になったのも、実際に働いている先輩から、手を挙げればいろいろなことにチャレンジできる社風だと教えてもらったことでした。入社してからも、大学で勉強していたマーケティングに携わることができ、やりがいのある部署で働いています。今もサッポロビールを選んで良かったと思っていますし、これからもビールの楽しさを伝えるために新しいことに挑戦していきたいです。

1日のスケジュール 私のオンリーワン

1日のスケジュール

9:00
出勤・メールチェック
10:00
広告代理店との打ち合わせ
11:00
印刷会社との打ち合わせ
13:00
商品説明資料作成
15:00
広告撮影立ち合い
19:00
退勤

私のオンリーワン

趣味の海外旅行で経験した思い出です。カリブ海のケイマン諸島という小島で「海賊祭り(パイレーツウィーク)」に参加してカメをつまみにラム酒を飲んだり、メキシコでなぜかブラジル人とテキーラショット対決をして勝利したり(?)、誰にもマネのできない思い出エピソードをたくさん持っています。