ホーム > 採用情報 > 新卒採用情報 > 採用情報 > 採用に関するFAQ

採用に関するFAQ

1. 待遇について

1-1. 初任給はいくらですか?
新卒の方について、2019年度は、学部卒総合職215,000円、修士卒(技術系のみ)232,000円です。
1-2. 労働時間・休日は?
年間総労働時間 / 1,830時間
・本社・地区本部 / 9:00~17:30(休憩60分)
・研究所 / 8:55~17:35(休憩70分)
・工場 / 8:25~17:05(休憩70分)
全ての事業場でスーパーフレックス制度を導入しています。
休日は年間121日。
休日の設定は事業所及び職種により若干異なります。
1-3. 有給休暇はどのくらいあるのですか?

初年度は特別付与の制度があり24日(※)、2年目以降は16日より順次増加し、勤続5年以上で20日の年次有給休暇が毎年12月1日に発生します。また、「ライフステージ休暇」という制度があり、入社10年以降、5年毎に、5日間の連続休暇を取得できる制度があります。
※ 新入社員については、弊社では下記の通り年次有給休暇を付与しています。

  • (1)入社したとき 3日
  • (2)入社後満3ヶ月を経過したとき +8日
  • (3)入社後最初の12月1日に達したとき +13日(入社年月日により異なります)

したがって、初年度に付与される有給休暇は3+8+13=24日ということとなります。

2. 教育・研修について

2-1. 新入社員研修はどのくらいの期間実施されるのでしょうか?
事務系・技術系共に、集合研修は約3週間、本社・研修所・工場にて実施し、その後事務系は赴任先で事業場ごとの研修及び実習(酒販店実習など)を受けて頂きます。技術系の場合は、集合研修後、約1ヶ月半の工場・研究所実習があります。
2-2. 集合研修のカリキュラムはどのようなものですか?

下記3点を主なねらいとし、赴任前の足固めをして頂きます。

  • (1)社会人としての基本スキル(ビジネスマナーなど)・知識を身につけ、学生から社会人へと意識・行動を切り替える
  • (2)サッポロビール社員としてのマインドや知識を身につけ、行動に結びつける
  • (3)サッポロビールで「誇りを持って楽しく仕事をしていく」ための原点を探求する

研修は、自燃型人財として主体的に学ぼうとする姿勢を第一に考え、研修の運営を役割ごとに新入社員に任せるなどして、積極的に参加できるプログラムづくりに努めています。

2-3. 新入社員育成に関するシステムはどのように整備されているのですか?

当社では、入社してからの5年間を特に重要な育成期間と捉え、新入社員育成のためのシステムづくりを整備しております。

入社前教育
サッポロビールで働くみなさんのイメージをふくらませて頂くための情報提供という意味で、内定者専用Webサイトを通じて双方向コミュニケーションを展開しております。また、ビジネスマナーやPCスキルに関するEラーニングを受講し、入社に備えてもらいます。
入社研修
FAQ2-1、および2-2参照
赴任後
新入社員一人ひとりに対して、職場の身近な先輩(入社5年目程度)が教育担当者(チューター)としてつき、OJT(オンザジョブトレーニング)を通してマンツーマンで指導していくチューター制度を実施しています。
入社〜1年
入社1年後フォロー研修を実施し、確実な成長を支援していきます。入社してから研修までの自分を客観的に振り返り、更なる成長のためには何が必要か考えると共に、全国に配属となった同期とも再会しお互いを切磋琢磨する良い機会にもつながります。
入社1年〜5年目
入社1年~3年までの期間で業務上必要なスキルを研修を通して学び、研修を受けた後、仕事で実践していくことで学んだスキルを身につけた上で、入社5年目にはチューターとして新入社員指導を担えるように成長して頂きます。

このように新入社員から5年目までの若手総合職社員が着実に能力向上、スキルアップを図り、次のステップへ進んでいく体制を整えています。

2-4. キャリア開発に対する支援はどのようなものがありますか?

サッポロビールでは自燃型人財が「自分のキャリアを自分で切り拓く」ことができるように様々な支援を行っており大きくは以下の2つの視点から捉えています。

【社員1人1人が自身の今後の社内キャリアの可能性を知るための施策】

越境プロモータープログラム
所属する部署にいながら本社部署の業務を体験し、その上で本社部署に対して越境提案することができます。このプログラムによって複眼的な視点が養われ、また自身の今後のキャリアの可能性が広がります。
気になるあの方のマイキャリアマップ
サッポロビールでは数多くの成果を上げ活躍する社員(ロールモデル)が歩んできたキャリアを「気になるあの方のマイキャリアマップ」として掲載しています。ロールモデルのキャリアを参考にすることで、自身のキャリアを描きやすくなります。
キャリアサポート制度
「将来のキャリアビジョンをどう描いたらよいのか」「自身のスキルアップの為にはどんな自己研鑽が必要か」など、社員個々人のキャリアに関する悩みについて、カウンセリング資格を有した社内キャリアサポーターが親身に相談に対応し、社員個々人のキャリアを描くサポートをさせて頂きます。

【目指す社内キャリアを実現するための自己開発支援施策】

自己啓発支援
通信教育、Eラーニング、選択型研修、社外セミナー、資格取得受験料支援の受講料補助等を通じて自ら積極的に学ぼうとする自燃型人財の自己啓発支援を行っています。
グローバル
サッポロビールでは将来グローバルのフィールドで活躍したい人財の支援にも力を注いでおり、TOEIC IP、Eラーニング、オンライン英会話の受講料補助等を実施しています。 また海外(シンガポール、ベトナム)での1週間の実地研修も含め合計4か月にわたる若手グローバル研修を、自ら手を挙げる公募型で行っています。

3. 福利厚生について

3-1. 社宅・独身寮はありますか?
事業場により社有の場合と借上げの場合がありますが、全国各地に完備しています。原則として社宅・独身寮は会社で用意します。自己負担額は賃料の2割程度です。但し、入居の年齢制限があります。
3-2. その他に特徴的な福利厚生制度はありますか?

以下のようなサッポロビール独自の福利厚生もあります。

(1)サッポロビール共済会
会社と会員の共同出資により会員の相互扶助や自助努力を側面から支援する組織。具体的には、慶弔慰金の支出・資金融資・不時の災害補償などを行っています。
(2)カフェテリアプラン
利用者(社員)が、自分で必要なサービスを選べる、選択メニュー方式による福利厚生制度です。

4. 働く環境について

4-1. 平均的な勤務時間はどのくらいですか?
全社的な平均残業時間は月平均で17.5時間(2018年実績)です。
4-2. 実際、休みはどれくらいとれるのですか?
全社的な平均有給取得数は年間12.8日(2018年実績)です。
4-3. 女性の社員はどのくらいいるのですか?
全社で373名(2017年12月時点)です。今後、採用数の増加にともない増えていくものと思われます。
4-4. 子供を産んだ後も復職できますか?
男女問わず利用可能な育児休職制度をはじめ、休職後の復帰がスムーズにできるようなプログラム等さまざまな制度を用意し、子供を産んだ社員を全面的にバックアップいたしますので、安心して働くことができます。多くの社員が出産後、元気に働いています。2017年は、女性は19名中19名(100%)、男性は68名中42名(62%)が育児休職を取得しました。
※2017年12月に子育て支援に取り組むトップレベルの企業として、厚生労働省より「プラチナくるみん」の認定を取得しました!(認定企業は全181社)

RECRUIT採用情報