ホーム > 採用情報 > 新卒採用情報 > 人財に対する想い > 人財力No.1を目指して

人財力No.1を目指して

人財力・働きがいNo.1を目指す

全社員が明るく楽しく前向きに、
日々成長を実感できる組織風土を実現すること

INNOVATION
サッポロビールの働き方改革

社員が新たな発想で成長するためには、今まで経験していない新しいことや、自分の知見や経験が少ないことへ、勇気をもって一歩踏み出す、新たな知識をインプットし、新たな人に出会うことが大切だと考えます。そのための時間創出こそが、サッポロビールの働き方改革の目的です。

働き方改革2020 新しい働き方で、「健康」「生産性向上」「生活の充実」 我々こそがより楽しく豊かな生活に

働き方改革2020 新制度・取組み

テレワーク

使用回数
回数制限なし
場所
場所を問わず
(業務に集中できる場所)
労働時間
時間外労働・フレックスタイム制度併用可、出社とテレワーク併用可
申請
当日申請

時間有給休暇

概要
1時間単位での有給休暇の取得ができる制度
使用回数
年間最大40時間(5日分)まで

スーパーフレックス

概要
コアタイムを設定しないフレックスタイム制度
(フレキシブルタイムは各事業場にて設定)※コアタイム
労働者が1日のうちで必ず働かなければならない時間帯※フレキシブルタイム
労働者が自身の裁量で決められる時間帯。
労働者は定められたフレキシブルタイムの中から、自分が働きたい時間を決定

DIVERSITY
サッポロビールのダイバーシティ

サッポロビールのダイバーシティは、

  • 「多様性を認めあい、活かす風土の醸成」
  • 「多様な人財の活躍支援と育成」
  • 「市場・会社業績へのインパクト創出」

を中長期目標として、ダイバーシティの推進に取り組んでいます。
あらゆる多様性(性別・年齢・障がい・国籍・学職歴・雇用形態・価値観等)を尊重し、多様な発想・考え方を有する人財を認め活かし、一人ひとりの能力が最大限発揮できる環境の整備を強化しています。

次世代育成認定マーク
「プラチナくるみん」取得

サッポロビールでは、次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画に基づき、仕事と子育てを両立しながら、いきいきと働き続けられるための環境整備を行っています。当社で働く全ての人が、持てる力を存分に発揮するための環境づくりを、仕事と家庭のバランスに考慮し、推進していくことを目標に取り組みを進めています。

出産から復職までのサポート体制

産前産後期

  • 産前産後休暇

  • 産前産後就業への配慮

    時間外労働、休日労働および深夜業が免除

  • 妻の出産休暇

    男性への施策として、妻の出産の際は休暇が3日付与

育児休暇期

  • 育児休職制度

    育児休職のうち、最初の1週間が給与・賞与ともにあり

  • 育児書の配布

  • パソコン貸与

    休職中も会社の情報を把握できる環境を提供

産前産後期

  • 短時間勤務制度

    通常の勤務時間を15分単位で短縮可能 (小学6年生の学年末までの子を持つ社員が対象)

  • 積立休暇

    失効した有給休暇を最大60日まで積み立てて保有可能
    (子どもの看護や不妊治療の事由を対象に休暇を取得可能)

  • スーパーフレックスタイム制度

    有給休暇の範囲内で半日単位、また1時間単位で休暇取得可能
    (子供の病気対応などにも利用可能)

  • 復職面談の実施

  • 育児施設利用料補助、育児サービス利用料補助制度

    (カフェテリアプラン内)

  • テレワーク制度

働くママ対談

サッポロなら、ママでも
自分らしく働ける

HEALTH AND PRODUCTIVITY MANAGEMENT
サッポロビールの健康経営

お客様の生活をより楽しく豊かにを経営理念に掲げるサッポロビールは、企業活動の大前提に『健康と安全が第一』を掲げています。2017年に経営トップによる「健幸創造宣言」を発表し、従業員の健康づくりに会社として積極的に取り組んでいくことを表明しました。

サッポロビール健幸創造宣言

サッポロビールは、企業活動の大前提に『健康と安全が第一』を掲げ、​全社員がそのための具体的な行動を起こすことを推進し、​その行動の積み重ねがお客様にとっての価値向上につながることができるよう、​その行動の質を高め続けます。

健康経営の取組

全社員健康宣言

全社員が自分自身の健康づくりについて取り組むことを宣言する制度です。健康への意識向上を目的にしています。

保健師の配置

健康づくりの専門家である保健師を全国に配置し、勤務する場所・所属に関係なく、保健師による健康サービスを受けることができる体制を構築しています。

健康アプリ配信

全従業員が様々なコンテンツから自身の健康状態にあったものを選択し、取り組める健康アプリも配信しています。

サッポロビール㈱は、2017年、2018年、2019年と3年連続して経済産業省が健康経営銘柄に準じた先進的な企業を選ぶ「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」の認定を受けています。
健康アプリの配信や、全社員による健康宣言などの取り組みを実施したこと、データを活用して実施した施策の考課検証を行ったことなどが評価されました。

HUMAN人財に対する想い