ホーム > 採用情報 > 新卒採用情報 > 人を知る > 地区本部マーケ(家庭用)_小林 夏実

どこに
配属されても、
どんなお酒でも売れる
マーケターに
なる。

PROFILE

小林 夏実

東北本部 マーケティング部 主任

2014年新卒入社
東洋大学 経済学部 卒

お酒の楽しみ方は地域で違う。
東北に根ざしたマーケティングを

商品を売るには、お客様にブランドの魅力を知ってもらい、買っていただくための戦略を立てなければなりません。私は、その戦略を考えて実行するマーケティングの仕事をしています。

お酒の飲み方は世代や流行、住む場所の気候などによって異なります。例えば東北地方は、気温の低い日が多いので、温かい飲み物が好まれる傾向にあります。ワインを手に取ってもらうにも、ホットカクテルを提案するなどのローカライズが欠かせません。このように、全社的な経営方針を東北に根ざしてアレンジすることがマーケティング部のミッション。東北本部の経営にも関わるので、マネジメント的な視点も求められます。

また青森県・秋田県の広告宣伝も担当しています。例えば青森県はホップの産地であり、当社製品の原材料にもなっていますが、このことは地元の人にさえあまり知られていませんでした。そこで「サッポロのビールは青森のビールでもある」と実感してもらうために、地元の新聞でホップ畑を紹介してもらいました。

ビール中心の組織を改革したい。
ワインを「第2の柱」に

会社にとってワインは、ビールに次ぐ看板商品を目指す「第2の柱」。私を含め各地区のワイン担当者は、会社から重要なミッションを任されている状態です。しかしビール事業と比べ、ワインを売るための資金やスタッフはまだ十分ではありません。まずはビール中心の組織を改革し、営業担当がワインをどんどん売るための基盤づくりを強化したいです。

自分が担当する青森・秋田の人には、もっと地元の魅力を知ってもらいたいです。外部の人間から見て魅力的だと思うことでも、その土地に住んでいる人にとっては当たり前すぎて気付かないもの。地元のいい所に気付かせてあげて、その魅力をサッポロビールが引き立てたいと思っています。

現在までのキャリア

1年目
家庭用ビールのサブ担当に就く。メイン担当の先輩から仕事の流れを学ぶ
2年目
家庭用・業務用ワイン洋酒のメイン担当。かつ広告宣伝業務の宮城県サブ担当
3年目
新人教育や採用プロジェクトのメンバーに就任。新入社員のチューターとなる
4年目
ビール以外のお酒を強化する「多層化」業務を推進。後輩の指導も行う

知らないお酒と出会う楽しさは、
自分が一番分かっている

将来的には「お酒の楽しさを広められる」マーケターになりたいですね。もともとビールが好きだったので、実は担当者になるまでワインは「飲まず嫌い」状態だったんです。それがいざ飲んでみると楽しくて。この「お酒を飲む楽しさ」をまだ知らない人に届けたいと思っています。

まだまだマーケターとしては走り出したばかり。東北本部でローカライズを経験していますが、今より広い地域を担当することになったら、もっと幅広いことを知る必要があります。それは担当するお酒の種類が変わっても同じこと。将来的にはどんな地域に配属されても、どんなお酒を担当しても、対応できるマーケターになりたいですね。

ヱビスが好き。
だから他のビール会社は受けてません

ヱビスビールは、私にとって一番身近なお酒だったんです。実家ではお祝い事があると決まってヱビス。初めて飲んだお酒もヱビスでした。お酒が好きで学生時代から飲み歩きましたが、ヱビスの「濃くて苦い味」がやっぱり好きで、サッポロビールを受けました。

でも商品が好きというだけで、サッポロビールという会社で働いていけるか心配でした。そんな不安を解消できたのが、最終選考前に参加した人事社員との面談。ぶつけた不安に本音で応えてくれて、気付いたら面談時間を大幅にオーバーしていたんです。ここまで本気で向き合ってくれる先輩がいる会社ならと思い、入社を決意しました。

もともと好きなことにはうそがつけない性格なんです。だから就職活動は興味がある業界で、一番好きな商品を扱う会社だけ受ける「1業種1社スタイル」に。受ける企業が友人よりも少ないことで時には不安になりましたが、その分それぞれの選考に集中できました。

ラオスで降りかかった困難と、
その先で掴んだ成功

学生時代は海外を拠点にしたプロジェクトに取り組みました。すでにある活動に参加するのではなく、自分なりにプロジェクトを始めたいと思い、友人とともに「若者団体Share」という学生団体を設立。 目的はラオス人民民主共和国のある貧しい村に住む人が、自給自足できる仕組みをつくることでした。

協力してくださったNPO法人を通じて知り合った村は、学校がなく、子供たちが徒歩で2時間かけて通学するような環境でした。そこで学校を建てるためのプロジェクトをスタート。初めはうまくいかなくて、資金集めの難航やスタッフの脱退など多くの困難が降りかかりました。それでも活動を継続し1つ目の学校を建てることに成功。今でもプロジェクトは続いていて、たまに顔を出しています。

継続しなければ結果が出ない仕事もある。
初めから諦めないこと

学生団体の活動で学んだ「困難があっても諦めずに継続する大切さ」は、サッポロビールの仕事にも活きています。今では当たり前に実施している、東北管内の主要都市でのワイン試飲会ですが、かつては全社的にも前例がない状態でスタートしたものでした。取りかかった当初は手探り状態で、準備にとても苦労しました。試飲会で振る舞うワイン選びや、一緒に出すお料理のプラン、関わる社内外スタッフの調整などが大変でした。

そして迎えた1回目の試飲会は、あまりいい結果ではありませんでした。いらっしゃったお客様は少なく、社員の「やるぞ」という意識も低かったですね。でも2回、3回と続けることで徐々に軌道に乗ってきて、なんだかんだ3年も続く取り組みになりました。

1日のスケジュール 休日の過ごし方

1日のスケジュール

8:30
出勤・1日のスケジュール確認
9:00
メールチェック
10:00
お客様からの相談に対応、業務に関わる
会議の資料作成
11:00
商品ブランドの戦略会議
14:00
営業担当者と打ち合わせ
15:00
提案・会議資料の作成、本部指示の共有作業
19:00
退勤

休日の過ごし方

旅行が好きで全国各地に足を運びます。旅先ではもちろん地酒と料理をチェックして、研究用にお酒を買い込みます。マイルールは「ガイドブックを見ない」こと。生きた情報に触れたいので、地元の人におすすめの飲食店や観光スポットを教わって訪れます。
見聞きした土地の情報は仕事のヒントになることも。お客様とリアリティのある会話をするために、何事も体感するようにしています。秋田では民俗行事のナマハゲを体験してきました。