協働契約栽培

おいしさのために、畑からこだわる。

サッポロビールの歴史は、「原料づくり」の歴史でもあります。「選りすぐりの原料だけで、おいしいビールをつくる」という信念のもと、“畑”から徹底的にこだわり、創業当初から生産者とともに大麦・ホップを育てる「契約栽培」に着手してきました。そして2006年、ついにこの取り組みが結実します。世界で初めて「麦芽とホップ100%協働契約栽培」を実現。お客様の見えないところまで徹底的にやり抜く。それがサッポロビールのスタンスです。