赤星

現存する日本最古のブランドと誇りを、今も守り続ける。

「日本人のための、日本人によるビールを」。
開拓使麦酒醸造所が開業した翌年、シンボルである北極星をラベルに描いたこのサッポロラガービール、通称「赤星」が生まれました。それから約140年間、当時の製法を守り続けたまま、赤星はサッポロビールの歴史とともに歩んできました。私たちにとって赤星は現存する最古のビールブランドという価値以上に、開拓者たちの想いを今なお感じられる製品であるという意味があります。想いを受け継ぎ、その歴史に恥じぬよう、これからの挑戦は続いていきます。