ワイン

ペンフォールズ(Penfolds)

ペンフォールズ グランジ 2015

Penfolds Grange 2015

収穫がかなり短かった為葡萄にムラがない。良い物が選果され果実味のピュアさに出ている。今はスミレやフルーツが強く今提供してもお客様に喜んでいただける非常に良いワイン。

  • facebook
  • twitter
  • line

このワインの詳細

ワインのタイプ
赤  フルボディ   
合う料理
リブアイステーキ、ラムチョップ
参考小売価格(税抜き)
¥120,000
容器
大瓶
オーストラリア 
ぶどう品種
シラーズ種 98%、カベルネ・ソーヴィニヨン種 2%
飲み頃温度
18〜20℃
容量
750ml

受賞歴 / 生産者・生産地情報

受賞歴

James suckling 100点 (2019年11月) Wine Advocate 98点 Wine Spectator 97点

生産者・生産地情報(ペンフォールズ)

ペンフォールズ
1844年イギリスから移住してきたクリストファー・ローソン・ペンフォールズ博士が、アデレード郊外の近郊のマギルに診療所を設立し、医療を目的としたワイン(酒精強化ワイン)造りを始めたのが、ペンフォールズの始まりです。1950年代、マックス・シューバートを中心に造りだした「グランジ」によってペンフォールズは南オーストラリア最高峰のワインメーカーとして世界中に知れ渡ることになりました。現在、4代目チーフ・ワインメーカーのピーター・ゲイゴ氏を中心に、「マルチ・リージョナルブレンド」を基本にして、ペンフォールズの理念を表現するのにふさわしいワインを生み出しています。

※マルチ・リージョナルブレンド:複数の畑やブドウのグレードなどによって選別し、ブドウを別々に醸造し、毎日ワインメーカーがブラインドテイスティングを行い、そのワインのスタイルに合ったブレンドを決める手法。