ワイン

ペンフォールズ(Penfolds)

ビン138・シラーズ・グルナッシュ・マタロ

Bin 138 Shiraz Grenache Mataro

2013年は冷たい肉、コーンビーフ、やわらかなラム肉など肉っぽい香りが立ち上ります。グルナッシュがもたらすワイルドラズベリーの芳香、マタロのチェリーの砂糖漬け、シラーのリコリス、オールドレザーが楽しめます。味わいはフルボディで、やさしい風味豊かな感覚が中ごろに舌に感じられます。微妙なチョコレートパウダー、モルトといばらの香りが、強いインパクトのバロッサタンニンから少量感じられます。自然なマルメロ、ルバーブ、ザクロ、白イチジクの香り、そしてフルーツの酸味がうまく管理されています。

  • facebook
  • twitter
  • line

このワインの詳細

ワインのタイプ
赤  フルボディ   
合う料理
すき焼き、シーフードグリル
参考小売価格(税抜き)
¥5,800
オーストラリア 
ぶどう品種
シラーズ種、グルナッシュ種、マタロ種
飲み頃温度
16〜18℃
容量
750ml

受賞歴 / 生産者・生産地情報

生産者・生産地情報(ペンフォールズ)

ペンフォールズ
1844年イギリスから移住してきたクリストファー・ローソン・ペンフォールズ博士が、アデレード郊外の近郊のマギルに診療所を設立し、医療を目的としたワイン(酒精強化ワイン)造りを始めたのが、ペンフォールズの始まりです。1950年代、マックス・シューバートを中心に造りだした「グランジ」によってペンフォールズは南オーストラリア最高峰のワインメーカーとして世界中に知れ渡ることになりました。現在、4代目チーフ・ワインメーカーのピーター・ゲイゴ氏を中心に、「マルチ・リージョナルブレンド」を基本にして、ペンフォールズの理念を表現するのにふさわしいワインを生み出しています。

※マルチ・リージョナルブレンド:複数の畑やブドウのグレードなどによって選別し、ブドウを別々に醸造し、毎日ワインメーカーがブラインドテイスティングを行い、そのワインのスタイルに合ったブレンドを決める手法。

このお酒をもっと楽しもう!

ペンフォールズ

オーストラリア最高峰のワイナリー

オーストラリアワインのペンフォールズのブランドサイトです。商品情報、歴史や受賞歴などをお愉しみください。