ワイン

シャンパーニュ・テタンジェ(Taittinger)

コント・ド・シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン 2008

Taittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs 2008

上質な白い果実と白い花の気品のある香り、長期熟成ならではのキメ細かな泡立ちと滑らかな舌触り。
複雑に絡み合う余韻の長さも一流を感じさせてくれるテタンジェの至宝。の風味がする洗練された味わいが特長です。

  • facebook
  • twitter
  • line

このワインの詳細

ワインのタイプ
白  シャンパーニュ・辛口  スパークリング 
格付け
AOCシャンパーニュ
合う料理
食前酒、シーフードの前菜、極上のキャビア、天然トラフグ、天然真鯛の刺身、生牡蠣、香り高い白トリュフ料理、伊勢海老やオマール海老の網焼き等、高級食材におすすめ。
参考小売価格(税抜き)
¥30,000
容器
大瓶、コルク
フランス  シャンパーニュ
ぶどう品種
シャルドネ種100%(グラン・クリュのみ)
飲み頃温度
8~10℃
容量
750ml

受賞歴 / 生産者・生産地情報

生産者・生産地情報(シャンパーニュ・テタンジェ)

1932年にピエール・テタンジェがシャンパーニュ地方のマルケットリー城を手に入れたところからシャンパーニュ・テタンジェの歴史が始まりました。1945年第二次世界大戦の終結とともにピエールの三男フランソワが精力的にシャンパーニュ・ビジネスに取り組み礎が作られ、フランソワの死後、弟のクロードが引継ぎ世界ブランドとしてのテタンジェを確立しました。テタンジェは、その名を社名に掲げる数少ないファミリービジネス。テタンジェ家が今なおオーナー兼経営者である稀有な存在。現在、5代目に当たるヴィタリー・テタンジェがテタンジェ初の女性社長となり、長きにわたり培われてきたテタンジェ・ファミリーの精神を継承しています。特級畑を含む自社畑はシャンパーニュ地方屈指の288haを誇り、シャルドネ種を主体とする繊細でエレガントな独自のスタイルと安定した高い品質の味わいをお届けしています。また”ル・テタンジェ”国際料理賞コンクールやテタンジェ・コレクション等、アートと美食との融合は、テタンジェの「芸術性」と「文化性」を表した特長のひとつであり、伝統を守りながらも飽くなき挑戦を続けています。