ニュースリリース

東京大学「食品微生物学」講義にサッポロビールが講師を派遣

2015年06月26日

  • facebook
  • twitter
  • line

 

 サッポロビール(株)は、東京大学農学部からの依頼を受け、「食品微生物学」講義に今年も講師を派遣しました。

 酵母の研究で博士号を持つサッポロホールディングス(株)取締役の渡淳二が講師となり、サッポロビール(株)クラフト事業部の新井健司、価値創造フロンティア研究所の小泉智洋が講義のサポート役を務めました。

 この講座は、ビール醸造学概論、最新の研究成果、世界のビール文化・歴史の紹介などの幅広い内容に加え、話題のクラフトビールに関する説明や試飲なども織り交ぜ、楽しみながら理解を深めてもらうことを目指しました。

 当社は、様々な機会を通じて、ビールのおいしさや楽しさを伝え、ビール文化を発展させる取り組みを今後も継続していきます。

 

 


 講義概要

(1)講義名

東京大学「食品微生物学」 

(2)講義内容

「ビールの科学とおいしさの秘密 ~伝統技術と先端科学の融合~」

・ビール醸造学概論

・最新の研究成果

・世界のビール紹介と試飲

・ビールの文化・歴史紹介

(3)講師

サッポロホールディングス(株)取締役 渡淳二  

(4)サポートスタッフ

サッポロビール(株)クラフト事業部 新井健司

サッポロビール(株)価値創造フロンティア研究所 小泉智洋 

 開催日時2015年5月20日 

 

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。