ニュースリリース

働く女性が自宅でお酒を飲む理由、第1位は「リラックスのため」平日自宅でお酒を飲む女性の9割は、お酒のリラックス効果を「とてもよく感じる」と回答!

リラックスのために選ぶお酒は「リナロール」豊富な“ボタニカル系”の香りが人気!専門家によるとリラックスに最適なお酒のキーワードは「爽植(そうしょく)系」!

2015年03月02日

  • facebook
  • twitter
  • line

 サッポロビール(株)は、機能系新ジャンル「サッポロ グリーンアロマ」を2015年3月10日(火)に発売します。これに伴い、働く女性のお酒とリラックス意識について、週に1度以上お酒を飲用し、就業している全国の20代~50代の女性600名を対象にアンケート調査を実施しました。


≪主な調査結果≫
■ 働く女性が最もお酒を飲む場所は「仕事後に自宅で」。その理由1位は「リラックスしたいから」
 -お酒を飲む時間と場所で、最も多い回答は「平日19時以降」約88%と「平日自宅」約81%
 -自宅でお酒を飲む理由として最も多い回答は「リラックスしたいから」が約80%

■ 平日自宅で飲酒機会が多い女性ほどリラックス上手の傾向!
 -「平日自宅」で飲むことが多い女性の約9割はお酒のリラックス効果を「とてもよく感じる」と回答。
 
■ リラックス上手な女性は“ボタニカル系”の香りのあるお酒を積極的に取り入れている!
 -リラックスのために選ぶお酒の香りは“柑橘系”が1位。総じて果物やホップなど植物由来が人気。

 今回の調査で、週1回以上お酒を飲用する20代~50代の働く女性の約8割が最もお酒を飲むタイミングとして「平日に自宅で」と回答し、19時以降に飲むと回答した方が約9割にのぼりました。この結果から仕事後に自宅でお酒を飲むことは働く女性に好まれる飲酒のタイミングだと判明しました。
 なお、飲食店で飲むことが多いと回答した人は平日・休日ともに3割程度にとどまり、自宅での飲酒を求める需要の高さが読み取れます。また、自宅でお酒を飲む理由としては「リラックスする」ためが約8割で第1位となりました。自宅でのお酒を飲むこととリラックスに関する調査では、お酒飲む前後でのリラックス度合いに違いを大きく感じる人ほど平日自宅で飲む頻度が高く、一方でリラックス度合いに違いを感じない・感じにくい人は自宅飲み頻度が低い傾向が判明しました。このことから、日々の生活の中で自宅飲みを取り入れる女性ほどリラックス上手である傾向が読み取れます。リラックスを求めて飲むお酒の香りとしては、2人に1人がオレンジやレモンなどの柑橘系を好むと回答し、次いでブドウや梅等の果実系が多く、全体として植物由来のボタニカル系の香りに人気が集まる傾向が判明しました。
 さらに、香りの専門家によると、リラックスに最適なお酒としては、植物由来の香りに多く含まれる成分“リナロール”が豊富で、発泡性のある爽やかな飲み心地を持つ『爽植(そうしょく)』なお酒が最適であるとコメントしています。


詳細は、印刷用PDFをご参照下さい。

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

画像ダウンロード