ニュースリリース

「サッポロ 極ZERO」年間販売目標550万ケース達成!

~ 「2つのゼロ」と「スッキリとした後味」が評価 ~

2014年12月18日

  • facebook
  • twitter
  • line

 サッポロビール(株)は、「サッポロ 極ZERO」の年間販売目標550万ケース(大びん633ml×20本換算)前年比153%を、12月18日(木)の出荷をもって達成しました。
 世界で初めて「プリン体0.00(注1)」と「糖質0(注2)」を実現し、しかも26Kcal(注3)であるこの商品は、機能だけではなく「爽快なのどごし」「ゴクゴク飲めるスッキリとした後味」など多くのお客様にご評価いただいた結果と考えています。
 機能系ビールテイスト市場は、家庭用におけるビールテイスト内構成比の約2割を占める堅調な推移となり、中でも「2つのゼロ」商品は、9月以降で機能系ビールテイスト市場の約3割を占めるまで成長しています。
 「2つのゼロ」市場のパイオニアである「サッポロ 極ZERO」は、2015年も様々な施策を展開し、もっと楽しくより豊かなお客様の暮らしに貢献していきます。

(注1)発泡酒において世界で初めて100ml当たりプリン体0.00mgを実現した商品です。(当社調べ)
(注2)栄養表示基準に基づき、100ml当たり糖質0.5g未満を「糖質0(ゼロ)」と表記しています。
(注3)100ml当たり

1.販売数量 : 550万ケース(大びん633ml×20本換算) 
  ※新ジャンル・発泡酒の極ZERO合計

2.達成日  : 2014年12月18日(木)出荷分

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

画像ダウンロード