ニュースリリース

復興共生住宅「手のひらに太陽の家」への寄付

~福島県の子どもたちを支援~

2013年02月26日

  • facebook
  • twitter
  • line

 サッポロビール(株)は、昨年東北限定で販売した「サッポロ生ビール黒ラベル東北夏祭り缶」「サッポロ生ビール黒ラベル東北ホップ100%」「サッポロ麦と東北ホップ」の売上金の一部2,005,960円を、宮城県登米市で行われている復興共生住宅「手のひらに太陽の家」プロジェクト※(主催:NPO法人日本の森バイオマスネットワーク)へ寄付しました。
 同プロジェクトは、東日本大震災で被災した子どもたちを支援するプロジェクトで、東北産の木材と自然エネルギーを活用した循環型の住宅を復興共生住宅として、昨年7月の宮城県登米市に完成しました。現在、保養滞在を目的とした福島県の親子を中心に受け入れ、復興のモデルとなることを目指しています。
 サッポロビールでは、東北支援の重点テーマとして①次世代育成、②物産品の消費促進、③情報発信の3点を掲げ取り組んでおり、今般の寄付もその活動の一環で行っています。
 今後もサッポロビールでは、被災地復興に向け積極的に協力していきたいと考えています。

※復興共生住宅「手のひらに太陽の家」プロジェクト http://taiyounoie.org/

1.寄付先  
プロジェクト復興共生住宅「手のひらに太陽の家」プロジェクト
(主催:NPO法人日本の森バイオマスネットワーク)

2.寄付金  
2,005,960円
昨年東北限定で販売した「サッポロ生ビール黒ラベル東北夏祭り缶」「サッポロ生ビール黒ラベル東北ホップ100%」「サッポロ麦と東北ホップ」の売上金の一部

3.贈呈式  
2月26日(火)14時30分
登米市登米町寺池辺室山17番地1 手のひらに太陽の家
出席者
NPO法人日本の森バイオマスネットワーク理事長   佐々木 豊志 (ササキ トヨシ)
登米市市長                          布施  孝尚 (フセ  タカヒサ)
サッポロビール(株)東北本部長              小澤  直樹 (オザワ ナオキ)

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。