ニュースリリース

静岡県とサッポロホールディングス株式会社およびサッポロビール株式会社との連携に関する包括提携協定について

2013年02月20日

  • facebook
  • twitter
  • line

 サッポロホールディングス(株)とサッポロビール(株)は、静岡県と県政情報の発信や経済活性化支援、防災協力、環境保全活動、次世代教育、文化支援などを目的とした様々な分野において相互に協力していく連携包括提携協定を2013年2月20日(水)に締結しました。
 1980年に焼津市にビール工場を建設して以来30年以上にわたり静岡の皆様とのつながりを大切にしてきました。大手ビールメーカーでは県内唯一のビール工場を有する当社としては、工場を中心として地元静岡の発展を願い県民の皆様とともに歩んできたと自負しています。
 今般、これまでの感謝の気持ちを伝えるとともに、今まで以上に静岡の発展の一助となるべく静岡県と同協定を提携しました。
 サッポログループは、事業活動を通じてこれからも静岡県のために良きパートナーとしてお役に立てるよう協力していきます。

1 協定の名称
 「静岡県とサッポロホールディングス株式会社及びサッポロビール株式会社との連携に関する包括提携
予定」

2 協定の目的
静岡県とサッポロホールディングス株式会社及びサッポロビール株式会社が密接な連携と協力をすることにより、双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進し、地域の諸課題に迅速かつ的確に対応し、一層の地域活性化及び県民サービスの向上に資することを目的とする。

3 連携事項
1.地域の安全・安心の確保、災害時の支援に関すること
2.県政情報の発信に関すること
3.観光や県産品の情報発信、地産地消の推進に関すること
4.県民の健康増進に関すること
5.子ども・青少年の育成支援に関すること
6.高齢者や障害のある方の支援に関すること
7.環境の保全に関すること
8.富士山静岡空港の利活用促進・PRに関すること
9.伝統・文化の継承、発展に関すること
10.その他、県政の推進や住民サービスの提供に関すること

4 サッポロビールの活動(発表済)
・2月6日(水) 「静岡が好きだから宣言」
サッポロビールで静岡県の皆様とより友好な関係を築き、これからも「静岡県をいちばん愛するビール会社になろう!そして静岡県の皆様に愛されるビール会社を目指そう!」という思いから宣言を採択。今後積極的に静岡の発展のための活動を行っていくためのスローガンとして社内外で活用していきます。

・2月20日(水)「サッポロ生ビール黒ラベル<静岡応援缶>」発売 
静岡野球の聖地である草薙球場の老朽化に伴い改築を目的とした「草薙球場リニューアル応援プロジェクト(草薙プロジェクト)」へ1缶の売上につき1円を寄付する予定。

・2月23日(土) 静岡県限定ビール「静岡麦酒<樽生>」発売
富士山の日となる2013年2月23日(土)に発売。「静岡が好きだから宣言」を具現化した商品で、静岡県の皆様をはじめ静岡をビジネスや観光で訪れる多くの方々に同商品を通じて静岡県の良さもっとアピールしていきます。
また同商品の売上の一部を徳川家康公顕彰400年記念事業推進委員会へ寄付し、静岡の伝統継承と観光・経済活性化に役立ていきます。

・3月6日(水)「サッポロ 麦とホップ<ジュビロ磐田缶>および<清水エスパルス缶>」発売
静岡全域の活性化とスポーツ振興を目的として、商品1本の売上につき1円を静岡県庁へ寄付する予定。 

・「サッポロ生ビール黒ラベル<伊豆ラベル>中びん」を伊豆エリア限定で発売(2012年4月17日)
商品1本の売上につき1円を2015年3月末の出荷に対して伊豆観光推進協議会へ寄付する予定。

サッポログループの活動(サッポロビール以外、発表済)
・磐田市との連携包括協定締結(2012年7月11日)
-サッポロホールディングス、ポッカサッポロフード&ビバレッジ-
磐田市にポッカサッポロフード&ビバレッジの「じっくりコトコト」をはじめとする各種スープ製造工場を有することから、幅広い分野において協力してまちづくりを進めるとともに、地域の活性化に資することを目的とし連包括協定を締結。

・新東名静岡SAに「かき揚げ丼・海鮮丼 駿河丸」をオープン(2012年4月14日)
-サッポロライオン-
 駿河湾産の桜海老やしらすをかき揚げ丼として、静岡名産をアピールする店舗としてオープンしました。

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。