ニュースリリース

「サッポロ アイスラガーセブン」夏季限定発売

~ 3年目を迎えるアイスラガーは、熱い夏にクールなストロング!としてパワーアップ ~

2012年04月25日

  • facebook
  • twitter
  • line

 サッポロビール(株)は、新ジャンル「サッポロ アイスラガーセブン」を2012年6月20日(水)から全国で発売します。
 夏季限定商品として3年目を迎える「アイスラガー」が、今年はアルコール度数を2%上げ「アルコール7%」のストロングタイプとして登場します。
 RTD市場(注1)においては、高アルコールのストロングタイプ(注2)がカテゴリー内で最大のシェアを獲得しており(注3)、また、すべての性・年代においても購入率が上がっています(注4)。当社はこうしたRTD市場のトレンドに基づきビールテイスト市場においても、高アルコール商品に対するニーズがあると考え、「サッポロ アイスラガーセブン」をアルコール度数7%と高めとしました。また「高炭酸」にすることですっきりとしたキレを付加し、更に「氷点熟成製法(注5)」を採用することで冷涼なのどごしを実現しました。
 缶のデザインでは、鮮やかなブルーとシルバーのツートンカラーを基調とした夏にふさわしい冷涼感を演出。加えてアイスラガーのブランドイメージである「白くま」を大きく配置することで視認性を高めました。
 当社は、熱い夏にクールなストロング「サッポロ アイスラガーセブン」が、たくさんのお客様にご愛飲いただけることを期待しています。
(注1)RTD:低アルコール(10度未満)の飲料で、購入後そのまま飲用する形態(当社定義による)
(注2)RTDストロング:アルコール度数8%以上(当社定義による)
(注3)㈱インテージ MAIデータ調べ(「SM」「CVS」「酒量販」業態計・2011年1月~12月累計ストロング系シェア20.24%)
(注4)㈱インテージ SCI-personalデータ調べ(2010年および2011年の4月~12月累計実績、参考資料参照)
(注5)「氷点熟成製法」とは、凍る寸前のマイナス温度で熟成させる製法。当社が長年、寒さの厳しい北海道の地でビールの味づくりにこだわり、造り続けてきた経験を生かした製法。

1.商品名
サッポロ アイスラガーセブン

2.パッケージ
350ml缶、500ml缶

3.酒類区分
リキュール(発泡性)①

4.アルコール分
7%

5.原材料
発泡酒(麦芽・ホップ・大麦・糖類)・スピリッツ(大麦)

6.発売日・地域
2012年6月20日(水)・全国

7.価格
オープン

8.コンセプト
「アルコール7%」「高炭酸」による力強く刺激的なおいしさと、「氷点熟成製法」による冷涼なのどごしを楽しめる、夏ならではの新ジャンル。

9.中味特長
アルコール7%。「高炭酸」「氷点熟成製法」により、高アルコールとは思えないすっきりとしたキレ、シャープな力強さ、冷涼なのどごしを実現。

10.販売計画
50万函(大びん 633ml×20本換算)


■参考資料
RTDストロングの購入率については、添付の印刷用PDFを参照下さい。

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

画像ダウンロード