ニュースリリース

「飲んで応援!トリニータキャンペーン」売上金の一部1,545,360円を寄付

2012年01月21日

  • facebook
  • twitter
  • line

 サッポロビール(株)は、2011年3月より9ヶ月間実施した「飲んで応援!トリニータキャンペーン」の売上金の一部1,545,360円を、2012年1月21日(土)に大分トリニータの運営会社である(株)大分フットボールクラブへ寄付しました。
 本キャンペーンは、2011年 3月1日から11月30日までに、大分県内で販売した黒ラベルと麦とホップの缶製品1缶につき1円をチームに寄付することで、地域に根ざしたスポーツチームとして、大分に元気を与えてくれる同チームの躍進を祈念し実施したものです。
 当社は大手ビールメーカーのなかで唯一大分県内に工場があることから、1997年以来15年にわたり 大分トリニータを応援してきました。今後も、サポーター、大分県民の皆様とともに応援していきたいと思います。

<贈呈式の概要>

1.日時
2012年1月21日(土) 12:30~

2.場所
だいぎんサッカー・ラグビー場Aコート(大分県大分市横尾1351)

3.出席者
(株)大分フットボールクラブ 社長     青野 浩志様 (あおの ひろし)
サッポロビール(株)九州本部長       谷田 成生  (たにた しげお)

4.寄付金
1,545,360円
         

【参考】
 ※「飲んで応援!トリニータ」キャンペーンについて
1.キャンペーン名 
 「飲んで応援!トリニータ」キャンペーン
2.対象商品     
①サッポロ生ビール黒ラベル 缶製品(135ml・250ml・350ml・500ml)
②サッポロ 麦とホップ 缶製品(250ml・350ml・500ml)
3.対象期間     
①2011年3月上旬~11月下旬、②2011年5月上旬~11月下旬
4.内容       
期間中の大分県内における対象商品の売り上げの一部(1缶1円)を大分トリニータに寄付。
5.寄付贈呈先    
株式会社大分フットボールクラブ

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。