ニュースリリース

サッポロビール2012年企業広告について

~ 2012年コミュニケーションメッセージも『乾杯をもっとおいしく。』 ~

2011年12月19日

  • facebook
  • twitter
  • line

 サッポロビール(株)は、企業広告の新しいTVCMを2012年1月2日(月)より全国で放映します。
 本年に引き続き、2012年もサッポロビールは「乾杯をもっとおいしく。」をコミュニケーションメッセージに掲げ、品質にこだわる様々な企業活動を基盤に、お客様にとっての「おいしさ価値」を訴求します。
 今回の企業広告は、「乾杯」をテーマとし、何気ない日々の暮らしの中で、人と人が乾杯によってつながる瞬間をドキュメンタリータッチで制作しました。また楽曲は、この企画に賛同していただいた奥田民生さんが本CMのために書き下ろした「拳を天につき上げろ」で、「21世紀の乾杯ソングをつくろう!」という構想のもと制作されました。
 2012年もサッポロビールは、様々な企業活動・商品を通して、お客様に乾杯をもっとおいしく感じて頂けるよう取り組んでまいります。今後のサッポロビールにぜひご期待ください。

1.篇名
「乾杯はつながる」篇  60秒、30秒
「乾杯はひろがる」篇  60秒

2.放送開始日   
2012年1月2日(月)~

3.CM内容    
2012年の企業広告のテーマは、「乾杯」。何気ない日々の暮らしの中で、人と人が乾杯によってつながる瞬間をドキュメンタリータッチで描きました。この星に生まれるたくさんの乾杯を、もっとおいしくしたい、というサッポロビールの企業姿勢を伝えます。
また、楽曲を手がけたのは奥田民生さん。今回の企画に賛同していただき、本CMのために書き下ろした21世紀の乾杯ソングです。

4.エピソード
「乾杯はつながる」篇では、「21世紀の乾杯ソングをつくろう!」という構想のもと、奥田民生さんが書き下ろした「拳を天につき上げろ」を聞きながら、CM制作は進行していきました。歌詞の世界観である「日常」を大事にし、決定した演出のテーマは「スーパーリアル」。俳優ではなく一般の方にも登場していただき、カメラが回っていることを内緒にして撮影を行うという場面もありました。演技ではなかなか表現することができない素の表情にご注目ください。
「乾杯はひろがる」篇のベトナムのシーンでは、ベトナム式の乾杯である「モー・ハイ・バー・ヨー!(1・2・3・乾杯!)」の掛け声と共に、他のテーブルに負けないようにみなさん競い合いながら乾杯をくり返していました。乾杯をする度に嬉しそうな表情を浮かべるベトナムの方々を見て、改めて乾杯の素晴らしさを感じることが出来ました。
また最後の星型を作って乾杯をするシーンでは、日本に一台しかない20メートルの大型クレーンを用いて撮影を行いました。総勢150名の出演者が一斉に空に向かって拳をつき上げると、現場は大盛り上がり。クライマックスにふさわしい、スケール感のある映像を撮影することが出来ました。


<参考>プロフィール
【奥田民生】1965年5月12日、広島生まれ。94年にシングル『愛のために』でソロ活動を本格的にスタート。1stソロアルバム『29』と共にミリオンヒットとなる。以後、井上陽水とのコラボレーションや、プロデューサーとしてPUFFY、木村カエラを手掛けるなど、その才能をいかんなく発揮。09年にロックバンド「ユニコーン」が突如、再結成。アルバムリリースや全国ツアーなど、以前を上回る規模で活動中。また故郷の広島市民球場や宮島・厳島神社での弾き語りライブや、スティーヴ・ジョーダン、ピノ・パラディーノらとThe Verbsの正式メンバーとして活動するなど、活動形態は様々。その独自の活動でリスナーのみならずミュージシャンからも愛されているアーティストである。

以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

画像ダウンロード