ニュースリリース

「サッポロ ネクターサワースパークリングピーチ」

お馴染みの不二家ネクターがお酒になって新発売!!

2010年04月07日

  • facebook
  • twitter
  • line
  • 商品開発者:新価値開発部 金森里江(2007年入社)
    商品開発者:新価値開発部 金森里江(2007年入社)
  • サッポロ ネクターサワースパークリングピーチ350ml缶
    サッポロ ネクターサワースパークリングピーチ350ml缶

初コラボ!サッポロビール × 不二家

サッポロビール株式会社(本社・東京、社長・寺坂 史明)は、「不二家ネクター」との初のコラボレーション商品「サッポロ ネクターサワースパークリングピーチ」を、2010年5月26日(水)に全国発売します。
1964(昭和39)年の発売から40年以上、多くのお客様に愛され続ける「不二家ネクター」は、40代以上はもちろんのこと、2,30代においても8割以上の認知度、飲用経験(当社調べ)のあるロングセラー商品です。国民的商品「ネクター」をお酒にすることで、いままでになかった新しいお酒をお客様にご提案します。味は、「ネクター」の桃のあふれる果実感をそのままに微炭酸でべたつかない後味が特長で、差別性の高い自信の味わいです。ゆるやかに拡大を続けるRTD市場において約32万函(半年間)の売り上げを目標に独自の市場を築いていきたいと考えています。2、30代の若年層をメインターゲットとする、宅飲みでの癒しの一杯や、気の置けない友達とのホームパーティー等での飲用を期待します。パッケージは、視認性の高い「ネクター」のロゴを大きく配し、鮮やかな赤を基調とするデザインとしました。
 40代以上の方々には懐かしく、2、30代以上の方々には、話題がはずむ新しいお酒として酒席のお
伴に加えられることを願っています。

1.商品名
サッポロ ネクターサワースパークリングピーチ
2.酒類品目
リキュール(発泡性)1
3.パッケージ
缶350ml
4.発売日
2010年5月26日(水)全国発売 
5.原材料
もも、ウォッカ、糖類、酸味料、香料、ビタミンC(果汁10%)
6.アルコール度数
4%
7.中味特長
ネクターの特長そのままの果実感あふれる味わい。シュワっとはじける微炭酸でべたつかない後味。ふわっと香る華やかな桃の香り。
8.参考小売価格
176円(消費税抜き)
※参考小売価格は、小売店様の自主的な販売価格を拘束するものではありません。

【参考】

「ネクター」の語源

もともと「ネクター」とはギリシャ語で「ネクタル」と言って、古代ギリシャの神々の飲みものでした。ネクタルは甘く、香りも素晴らしいので、不老不死の薬とも言われています。

「ネクター」の誕生

ネクターは東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年に誕生し、40年以上も続くロングセラー商品。濃厚でまろやかな味わいは、果実を3回も丁寧に裏ごしするなど、手間ひまを掛けているからです。

【商品開発者紹介】
新価値開発部 金森里江(2007年入社)北海道帯広生まれ

「ネクター」のお酒をつくろうと思ったきっかけ
子供時代の「安心感」、机上の空論ではなく、一ファンとしての思いから

2008年9月、入社2年目で新商品開発の部署に異動した私のミッションは、お酒離れが進む2〜30代の若年層を狙ったRTD商品を開発することでした。でも市場は消費意識が低下し、新商品が多く出回る中で、お客様は、納得できる商品しか買わなくなってきて・・・・。
悩むだけで何も出来ない日が数ヶ月過ぎた2009年2月、商品開発が完全に行き詰まってしまい、いたたまれず席をはずして外にでました。いくあてもなく、ジュースを買いに自販機の前に立つと、いつもは気にしていなかった「不二家ネクター」が目に止まりました。「子供のころ、よくおかあさんに買ってもらったなぁ」と、懐かしさに「ネクター」を買いました。
気分を変えようと「ネクター」のプルトップを開け、一気にゴクゴクのみました。そのときです!小さい時から変わらないネクターの味わいから、いつも頑張ったごほうびにネクターをくれた母親の顔が浮かんできて、不思議と穏やかな気持ちになれたのです。いままで、機能

性だとか、本格感だとか、頭で商品を考えていたのですが、人間には思い出や気持ちからくる「安心感」も、人を幸せにする要素の一つなのだとようやく気付いたのです。そして、私の大好きな桃。ネクターに対して自分と同じような特別な気持ちを持っているひとがいるのかもしれない。はっと気づいた私は、急いで会社に戻り夢中でネクターのファンの声を調べました。「小さいころから『ネクターピーチ』が大好きです。色々とピーチ飲料を飲んでみますが、不二家のネクターピーチから離れられない美味しさです。」「しっかり桃の濃厚な味が出ているので飲んでも飲んでも飽きないです。」
みんなから愛されるネクターブランドを使用したお酒。この商品なら多くのお客様を幸せにできると確信しました。

開発の苦労:ネクターブランドがライバル

難関は、ロングセラーブランドであるネクターブランドを守りながらも、新しい見え方にすること。世代を超えて多くのネクターファンが、わたしと同じようにネクターに対して強いイメージを持っているはずであり、その期待に応えなければならないのです。とにかく理屈ではなく、ネクターファンの代表として、自分が納得できる味、デザインを開発するしかないのです。本来のネクターの味わいである桃の果実感、桃の香りをそのまま保ちながらお酒にすることは当然のこと、あとはわたしが感じた「安心感」をどう再現するかでした。何度も中味の試作品をつくりました。また、デザインの考案にいたっては、イメージの「赤」を探しに、スーパー、コンビニ、果物屋さん、百貨店、化粧品屋さんなど、見境いなく「赤」のあるお店に入っては、理想の「赤」探しに没頭しました。試作品ではボツになったものは数多くありましたが、納得いくものが完成したのは2009年9月、今の部署に異動してから丸1年が経っていました。

ぜひ、のんでください!

わたしと同じ20代の方々にはもちろん飲んでいただきたいです。一人でゆっくりリラックスしたい時、友達同士でわいわい盛り上がりたい時、食後のスイーツの代わりに、など、様々なシーンで楽しんでいただけると思います。中味はもちろん、この缶のデザインのかわいらしさにも共感していただけたらと期待しています。そして、ネクターを小さい頃に飲んでいて懐かしいと思ってくださる方々へ。この商品を飲むことで、子供の頃の思い出がこみ上げてくるはず。(私の母

はネクターを見ると小学校の遠足の時の思い出がこみあげてくると言っていました)あとは、毎日仕事を頑張っている男性にも飲んでほしいです。桃の甘さ、桃の香り、そしてかわいらしいデザイン、子供の頃に飲んだという懐かしさ。いつもとは気分を変えて、たまにはこのネクターサワーでほっと癒されてください。


見出し


以上

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。