ニュースリリース

サッポロ生ビール<黒ラベル>「めざせ優勝!アルビレックス新潟缶」発売のお知らせ

〜「サッポロビールとアルビレックス新潟は協働で新潟県を応援します!」売上1缶につき1円を、新潟県の地域振興のために寄付します〜

2010年01月27日

  • facebook
  • twitter
  • line

 サッポロビール株式会社(本社・東京、社長・福永 勝)は、「サッポロ生ビール<黒ラベル>『めざせ優勝!アルビレックス新潟缶』」を、2010年3月3日(水)より新潟県内限定、数量限定で発売します。
 この商品は、2010年のシーズン開幕に合わせて発売し、サッカーJリーグディビジョン1の「アルビレックス新潟」をオフィシャルクラブスポンサーとして応援するものです。 
 缶体には、チームカラーであるオレンジ色をバックに、クラブフラッグをベースにして「めざせ優勝!アルビレックス新潟」のメッセージと、今シーズンのスローガン「SMILE!」をあしらうことで 「アルビレックス新潟」を応援する姿勢を表現しました。
 また、今年は、消費者向けクローズドキャンペーンを実施します。6缶パックの中面に印刷されたハガキで応募いただいた方の中から、抽選で2010年開幕ゲームのスターティングイレブン全員の直筆サイン入りアルビレックス新潟トレーニングジャージ(2010モデル)や応援グラス(ペア)をプレゼントします。
 当社は、前身の「開拓使麦酒醸造所」初代醸造技師の中川清兵衛★1や、民営化後の札幌麦酒会社を設立した大倉喜八郎★2など、多くの新潟県人の手で礎が築かれました。また、県民の皆様には、昭和39年の支社開設から、長年に渡りご支持いただいています。
 この商品の発売に際しては、新潟県への感謝を込めて、地域振興にお役立て頂くために、アルビレックス新潟と協働で、昨年の『勝利をつかめ!アルビレックス新潟缶』の発売時に続き、1缶の売上につき1円の寄付を実施します。当社は、この商品を通じて、新潟県がより一層活性化していくことを願っています。

【商品について】
1.商品名
2.パッケージ
3.発売日
4.発売地域
5.小売価格
6.販売見込数量
【キャンペーンについて】
1.キャンペーン名
2.対象商品

3.応募受付期間

4.応募方法

5.賞品と当選者数

6.Wチャンス

7.問い合わせ先
8.応募資格
9.賞品のお届け

サッポロ生ビール<黒ラベル>「めざせ優勝!アルビレックス新潟缶」
缶350ml 1函24本入り (6缶パック×4)
2010年3月3日(水)
新潟県限定
オープン価格
10,000函(在姿)


アルビレックス新潟応援キャンペーン
サッポロ生ビール黒ラベル「めざせ優勝!アルビレックス新潟」
350ml 6缶パック
2010年3月3日(水)〜2010年5月31日(月)
*当日消印有効
対象商品の6缶スリーブ中面に印刷されている専用応募ハガキに
必要事項を記入し、投函する。*専用ハガキ以外の応募は不可。
アルビレックス新潟トレーニングジャージ(2010モデル)50名様
*2010開幕ゲームスターティングイレブン全員直筆サイン入り
☆SAPPORO×アルビレックス新潟Wネーム応援グラス(ペア)100名様
0120−399−306 (フリーダイヤル)
満20歳以上の方
2010年6月下旬ごろを予定
※やむを得ない事情により賞品の発送が若干遅れる場合があります。
※抽選結果は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
★1 中川清兵衛:新潟県長岡市出身。ビールの本場ドイツでビールづくりを学んだ最初の日本人で、帰国後は、サッポロビールの前身「開拓使麦酒醸造所」の初代醸造技師に就任しました。
★2 大倉喜八郎:新潟県新発田市出身。明治期の実業家として知られる大倉翁は、北海道庁が所管する「札幌麦酒醸造場」の払下げを受け、民営化しました。その後、渋沢栄一らとともに「札幌麦酒会社」を設立し、サッポロビールの礎を築きました。

【参考】
★1 中川清兵衛:新潟県長岡市出身。ビールの本場ドイツでビールづくりを学んだ最初の日本人で、帰国後は、サッポロビールの前身「開拓使麦酒醸造所」の初代醸造技師に就任しました。
★2 大倉喜八郎:新潟県新発田市出身。明治期の実業家として知られる大倉翁は、北海道庁が所管する「札幌麦酒醸造場」の払下げを受け、民営化しました。その後、渋沢栄一らとともに「札幌麦酒会社」を設立し、サッポロビールの礎を築きました。

このページの情報に関するマスコミの方からのお問合せはこちらまでお願いいたします。

画像ダウンロード