商品紹介

製法

新しい仕込方法(1回煮沸法)を採用!

3年以上の研究・試験を重ね、当社新ジャンルで初めて一回煮沸法を採用。長年の課題であった雑味を低減し、麦本来のうまみをそのままに、よりビールらしい味わいを実現しました。

1回煮沸法

仕込釜において、手間のかかる煮沸を1度行うことで麦のうまみを引き出す、ビールで用いられる伝統的な仕込方法。

3年以上の歳月をかけ研究

1回煮沸法の実現に向け、3年以上の歳月をかけ、研究を進めてきました。通常の約10倍近くの試験を繰り返し、今回のリニューアルで初めて実現!

素材

素材への徹底したこだわりは継続。

「麦」へのこだわり

発売当初から麦原料100%にこだわり続け、厳選した麦芽と大麦だけを採用。うまみ成分を豊富に含む「欧州産麦芽」を一部使用。

欧州産麦芽は、麦本来のエキス分を通常よりも豊富に含む麦芽。麦のうまみと飲み飽きないコクを付与しています。

「ホップ」へのこだわり

ドイツバイエルン産アロマホップ「ハラタウ・トラディション」を一部使用。
添加方法を変更し、ビールには欠かせない苦みと香りを付与。飲み飽きない後味を目指しました。

素材の魅力を最大限に引き出すために、2工程に分けてホップを添加。
ビールには欠かせない「心地よい苦味」と「上品な香り」を一層感じてもらえる工夫を凝らしています。

製造工程

素材・製法に徹底的にこだわり、手間と時間をじっくりかけてつくることでよりビールに近い味わいを実現しました。

香川さんのリアクションにご注目!

商品紹介動画

サッポロ 麦とホップ 特別取材

麦と、ホップと、つくる人。

『麦とホップ』。
原料名がそのままの、すごいネーミングである。
何かを足すのが新ジャンルだと思っていたが、
何も足さないのだ。
食品の安全・安心、原料の確かさが問われる今だからこそ、
このシンプルさが輝いて見える。
でも、そもそも「麦」って何?「ホップ」は?
どうやって「製品」に姿を変える?
名の知れたロングセラーだが、知らないことばかりだ。
『麦とホップ』を、徹底的に調べてみよう。
向かった先は、群馬、静岡、上富良野。
サッポロビールの、5人のキーマンを訪ねた。
取材・撮影 YOMIURI BRAND STUDIO

READ MORE

SOUND