dancyu WEBタイアップ記事

  • 濃厚レモンサワーと料理を楽しむ時間は大人味。
  • 甘辛&甘酸っぱさがクセになる!濃厚レモンサワーに合うつまみレシピ。

濃厚レモンサワーと料理を楽しむ時間は大人味。
濃厚レモンサワーと
料理を楽しむ時間は大人味。

香ばしく焼き上がった鶏肉の
アーモンドバターソースはいかが?
リニューアルされて美味しさが増した
「レモン・ザ・リッチ」と、
休日を豊かにする手料理の魅力を
料理研究家の渡辺康啓さんが語ります。 Sponsored by サッポロビール

上質な料理と合わせたくなる
レモンサワー

「料理や飲み物にとって、香りは味わいと同じくらい大切です。レシピを考える上では必ず意識しています」と語るのは、シンプルな食材でリッチに仕上がるレシピが評判の料理研究家、渡辺康啓さん。
味わいに印象的な香りが加わることで、濃厚さや奥行きを感じやすくなるという。

渡辺康啓さんはイタリアンをベースにした、家庭でもつくりやすい料理を披露する。
渡辺さんのレシピは、手軽な調理で食材の魅力を引き出す。

味わいはもちろん、まさに香りにも心を砕いてつくられたのが「レモン・ザ・リッチ」だ。
果汁だけでなく、レモンオイルや果皮、パルプまでも含んでいるので、濃厚で複雑味のある飲みごたえになっている。
「特製レモン」「苦旨(にがうま)レモン」「神レモン」の3種のラインナップが揃い、酸味や苦味、アルコールのコクがより最適なバランスにリニューアルされた。

「濃さを愉しむレモンサワー」と謳う「レモン・ザ・リッチ」。

渡辺さんに飲んでもらうと、濃厚な味わいと豊かな香りに驚いたという。
「一般的なレモンサワーよりも、すごく上質な感じ。爽やかな酸味と苦味もちょうどいいし、アルコールのコクとのバランスもいい。レモンの風味に合うような料理をつくりたくなります」

渡辺さんの得意とするイタリアンでは、レモンの皮をすりおろして香りをつけたり、煮込み料理に加えたりと身近な食材。

「レモン・ザ・リッチ」には、濃厚なレモン感を生かすような上質な味わいがマッチするだろう。
本格的なレモンサワーを味わっていると、ちょっとした手間をかけた料理をしたくなってくるのだ。

“美味しい”を味わう
豊かな時間

渡辺さんは、休みの日でもよく料理をする。仕事との境目はほとんど考えていないという。

「料理は、もともと好きで始めたこと。仕事でもプライベートでも『美味しいものを食べたい』という思いでキッチンに立ちます」と渡辺さん。

料理をすれば、食べたい時に食べたいものを、好みの味つけでつくることができる。遠出できないような日が続いても、家で料理をすれば気分転換にもなる。
「濃厚な『レモン・ザ・リッチ』とひと手間をかけた料理は、休日をゆったりと豊かな時間にしてくれるはず」

肉を焼きながら、ソースをつくりながら、香りや音を確かめては笑みを浮かべていた渡辺さん。出来上がる過程を楽しむのもまた、料理の醍醐味なのだ。

渡辺さんが「特製レモン」に合わせたのは「鶏肉のアーモンドバターソース」。
カリッと香ばしく焼いた鶏肉に、アーモンドとバターで仕上げたソースをたっぷりとかける。

「特製レモン」のバランスが良いレモン感を鶏肉とソースの旨味がしっかりと受け止める。

「特製レモン」のすっきりとした味と、コクのあるソースは相性抜群だ。口にすると、コクがあるだけでなく、ハーブの香りもほのかに広がる。
「イタリアでは、レモンとハーブを組み合わせることが多いんです。鶏肉はローリエの香りを移したオイルで焼いて、ソースにはローズマリーを加えています」

鶏肉のアーモンド
バターソースの
つくり方

  • 材料(1人分)
    鶏もも肉 1枚
    白菜 適量
    粗挽きアーモンド 30g
    無塩バター 20g
    にんにく 1/2片
    ローリエ 1枚
    ローズマリー 1枝
    レモン果汁 1/2個分
    オリーブオイル 適量
    塩 適量
    結晶塩 適量
  • つくり方
    1下準備をする
    鶏もも肉を塩水(分量外)で洗い、余分な脂肪やスジを取り除く。水分をキッチンペーパーで拭き取り、常温に戻しておく。
    白菜を食べやすい大きさに切り、レモン汁1/4個分、オリーブオイル、塩であえる。
    2鶏肉を焼く
    鍋に芽を取って潰したにんにく、ローリエ、オリーブオイルを入れて弱火にかけ、香りが出るまで熱する。にんにく、ローリエを取り出し、鶏肉を皮目から入れる。塩、胡椒をして両面とも香ばしく焼けたら取り出す。
    3アーモンドバターソースをつくる

    2の鍋に粗挽きアーモンド、無塩バター、ローズマリーを入れて弱火で炒める。アーモンドが香ばしく焼けたら火を止める。

    4仕上げる

    鶏肉を皿にのせる。アーモンドバターソースを上からかけ、レモン1/4個分を搾る。
    胡椒を挽き、結晶塩をふる。1の白菜を添える。

甘辛&甘酸っぱさがクセになる! 本格レモンサワーに合うつまみレシピ。
甘辛&甘酸っぱさが
クセになる!
本格レモンサワーに合う
つまみレシピ。

料理研究家の渡辺康啓さんが披露する、
豚肉とごぼうの豆板醤ソースと
地中海風イカの炒めもの。
濃厚レモンサワーがぐいぐい進む味わいです。
家で過ごす時間は、
手づくり料理で楽しみましょう! Sponsored by サッポロビール

ほろ苦さと
甘辛の贅沢な組み合わせ

レモンの魅力は、すっきりとした酸味だけにあらず、独特の苦味がクセになるという人も多いだろう。「レモン・ザ・リッチ」の「苦旨(にがうま)レモン」は、果皮エキスを加えることで、そのほろ苦さと酸味を絶妙なバランスで仕上げている。

「レモンの濃厚な味わいと豊かな香りに驚きです」と料理研究家の渡辺康啓さん。

「レモンらしい苦味はしっかりあるのに、渋味やえぐ味は感じません。ただ苦いだけじゃなく、酸味との組み合わせもちょうどいい。『大人』のレモンサワーという感じです」と渡辺康啓さん。
「苦旨レモン」に合わせてつくってくれた料理は「豚肉とごぼうの豆板醤ソース」。豚肉とごぼうをカリッと揚げ、豆板醤を効かせた甘辛いソースをからめていく。

豚肉とごぼうに片栗粉をまぶして揚げる。
香ばしく揚がった衣に、甘辛いソースがよくからむ。

「甘辛くて強い味つけのものが良く合うと思います。料理を味わった後に『苦旨レモン』を飲むと、ほどよい苦味が濃い味を流し込んでくれるんです」

料理が苦味ですっきりと上書きされると、また甘辛い味が食べたくなる。さらに味わうと、「苦旨レモン」を口にしたくなる。その贅沢なループで、料理もレモンサワーもぐんぐん進む。
さりげなく添えられたパクチーの香りがレモンの風味と相まって、まさに「大人」な時間を楽しませてくれる。

「苦旨レモン」の爽やかな苦味が食中酒にはぴったりと合う。

豚肉とごぼうの
豆板醤ソースの
つくり方

  • 材料(2人分)
    豚肉(厚さ1㎝)   200g
    ごぼう         1/3本
    にんにく(みじん切り) 1/2片
    ネギ(みじん切り)   小さじ2
    白ごま油 小さじ2
    豆板醤  小さじ2
    酒    大さじ1
    水    大さじ2
    醤油   小さじ1
    きび砂糖 小さじ2
    片栗粉  小さじ1
    塩、胡椒 適量
    香菜   適量
  • つくり方
    1切る
    ごぼうは包丁の背で皮をこそぎ落とし、縦長の乱切りにする。水を張ったボウルに入れて揉み洗いして、水の色が変わったらザルにあけて水気を切る。
    豚肉は1cm幅に切り、ごぼうと合わせてボウルに入れ、適量の塩と胡椒で揉む。片栗粉大さじ1強(分量外)をまぶす。
    2ソースをつくる
    小鍋に白ごま油、豆板醤、にんにくとねぎのみじんぎりを入れて弱火にかける。豆板醤の香りが立ってきたら、酒、水、醤油、きび砂糖を入れて煮立てる。
    片栗粉を倍量の水で溶いたものを加えて、とろみをつける。
    3揚げる

    鍋に揚げ油を180度に熱し、豚肉とごぼうを揚げる。香ばしく揚がったら油を切り、ボウルに入れる。ソースをかけて全体に絡める。器に盛り、香菜を添える。

コクのあるレモン感が
織りなすふくよかな余韻

「『神レモン』は、コクがある飲み口だなと感じました。アルコール感もレモンの風味も強く、シチリアのフレッシュなレモンを思い出しました」と評する渡辺さん。

アルコール度数をアップさせつつ、レモンペーストも多く加えて、濃厚で飲みごたえのある仕上がりになった「神レモン」。
酸味だけではなく、果皮の苦味や果実の甘味、鮮やかな香りが生き生きと広がって、奥行きを感じさせる味わいだ。

「神レモン」に合わせ、渡辺さんがつくってくれたのは「地中海風イカの炒めもの」。シチリアで親しまれている、アグロドルチェという甘酸っぱい味付けの料理だ。

「神レモン」のパワフルな飲みごたえに、イカの旨味とマリネの甘酸っぱさが相性抜群。

「濃厚なレモンサワーに香りのいい一品を合わせました。イカはにんにくと炒めて、酸味の効いたマリネをのせます。『神レモン』の飲みごたえに負けない香りがあって、酒も料理もどちらの風味も楽しめます」

重なり合ったハーブの複雑な味わいと香り、さらにレモンサワーのコクが、お互いを引き立て合う。料理とレモンサワーが織りなすふくよかな余韻は、ゆったりすごす休日をより贅沢に感じさせてくれる。

料理を楽しんでいる様子が佇まいから伝わる渡辺さん。

地中海風イカの
炒めものの
つくり方

  • 材料(2人分)
    材料(2人分)
    やりイカ 2杯
    にんにく 1/2片
    オレガノ 少々
    赤玉葱 1/2個
    ケッパー 10粒
    ディル 適量
    レモン 1/4個
    赤ワインビネガー 小さじ1
    オリーブ油
    塩、胡椒
    結晶塩
  • つくり方
    1材料を切る
    やりイカはわたを取り除き、輪切りにする。げその部分は食べやすく切り分ける。にんにくは芽をとって潰す。
    2マリネをつくる
    赤玉ねぎは薄切りにして、塩を振って揉む。水分が出てしんなりとしたら水気を搾り、ボウルに入れる。刻んだケッパー、ちぎったディルを合わせ、レモンを搾り、赤ワインビネガーを加えて混ぜる。オリーブオイル、塩、胡椒で味を調える。
    3イカをソテーする
    フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかけ、香りを出す。
    中火にしてやりイカを入れ、塩を振ってさっと炒める。
    4仕上げる

    3を器に盛り、赤玉葱のマリネを載せる。
    上からオレガノをふりかけ、結晶塩をふる。

協力してくれた人

渡辺康啓(わたなべ・やすひろ) 1980年生まれ。有名アパレルブランドでの勤務を経て、2007年に料理家として独立。料理教室をメインに活動を開始する。2015年、東京から福岡へと拠点

文:晴山香織 写真:山出高士

レモンザリッチを買って当てよう!大人の休息プレゼントキャンペーン

dancyuグルメギフトカタログ
Amazonギフト券
が抽選で当たる!

詳しくはこちら