繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

満員御礼満員御礼

本マグロ炉端劇場
魚島屋久茂地本店

(株)バリューボックスの1号店として2014年11月にオープンした魚島屋久茂地本店。独自ルートで仕入れる鮮度の高い魚介を商品力の要とし、圧倒的なお値打ちの名物メニューによってずば抜けた集客力を発揮している

目玉商品がたっぷり

 カラン、カランと大きな鐘の音が鳴ると、「エイサー」というかけ声とともに客席に運ばれてくるのが、魚島屋の看板商品である桶刺し5品盛りだ。生の本マグロの大トロ、中トロ、赤身が4切れずつ、旬の鮮魚4種が2切れずつの計7種の刺身が桶の上に高々と盛られているが、これで価格は999円。
目玉商品はこれだけではない。客席で焼き上げる活蝦夷あわびの踊り炉端焼きは350円、長さ40cmはあろうかというビッグサイズの北海でかキンキは1280円など、メニューには驚きの価格の商品がずらりと並ぶ。

鮮魚卸売業も手がける

 経営母体は魚島屋など海鮮居酒屋5店とラーメン店1店を沖縄県下に展開する(株)バリューボックス。屋良竜紀社長は前職で飲食企業の物流システムを構築した経験があり、独立するとまず2013年7月に鮮魚卸売店「丸辰鮮魚店」を那覇市内に開業した。そこで全国の漁協や漁師から鮮魚を直接仕入れる物流網を整備すると、魚島屋久茂地本店を2014年11月にオープンしたのである。
それまで沖縄には本マグロを売りにしたお店がほとんどなかった。そこで本マグロの刺身を魚島屋の看板商品に据えたが、「お客様には名物商品を必ず注文してもらいたいため、破格の値付けを打ち出しました」と店長の神田裕仁さんは価格設定の狙いについて説明する。

調理方法にも一工夫

 丸辰鮮魚店は沖縄産のやんばる地鶏や北海道産和牛のもとぶ牛など鮮魚以外の仕入れも手がけ、魚島屋でもそれらを使用した肉料理、野菜料理、豆腐料理など幅広い商品を揃える。
2017年秋季に新たにメニューに加えた朝〆山やん原ばる鶏皮巻一本串190円はやんばる地鶏のモモ肉を皮で巻いて串に刺した手の込んだ焼鳥。トロトロ島豆腐厚揚げ490円は地元の老舗豆腐店から仕入れる島豆腐を独自の調理方法で表面をサクサクに揚げた一品。調理を一工夫して素材の特性を引き立たせるなど、とことん商品力を磨きあげることにより、地元住民や観光客など多様な客層の支持を獲得している。

写真手前は名物メニューの北海でかキンキ1280円と活蝦夷あわび踊り炉端焼き1個350 円。中央が刺身、握りずし、塩焼き、天ぷらの4つの調理方法を選べる活車海老1尾390円、奥左が朝〆山原鶏皮巻一本串1本190 円、同右がトロトロ島豆腐厚揚げ490円。ヱビス〈樽生〉は450円で提供。ジョッキスタイルで提供する男前ジョッキ樽詰スパークリングワイン(ポールスター)390円もドリンクの売れ筋アイテムだ。※ビールジョッキは通常使用しているものとは異なります。
鮮魚はすべて自社で運営する鮮魚卸売店「丸辰鮮魚店」から仕入れる。取材当日には伊勢海老を仕入れたため、日替りメニューの目玉商品として伊勢エビのウニソース焼き(半身)1280円を販売した。
右から2人目が店長の神田裕仁さん。「お勧めの商品はスタッフ全員が試食して心を込めておいしさをアピールしています」と接客のポイントを説明する。

自慢の一品桶刺し5品盛り

999 円という破格値を打ち出し、テーブルオーダー率がほぼ100%におよぶ看板商品。沖縄、高知、愛媛の各漁港から直送する生の本マグロの大トロ、中トロ、赤身の他、本日の鮮魚4種を盛り付ける。取材当日は北海道産の天然ブリと水ダコ、熊本産の真アジ、ザトウクジラ。マグロ以外の刺身も付加価値の高い鮮魚を使用している。

繁盛ポイント

25カ所の産直ルートを持つ鮮魚卸売店を運営

那覇市内に鮮魚卸売店「丸辰鮮魚店」を自社で運営。全国各地の25 カ所の漁港や漁師などと直接取引のルートを築くことにより、原価を抑えながら、鮮度の高い魚貝を仕入れている。

破格の値付けを打ち出す名物商品が集客のフック

生の本マグロをたっぷりと盛った桶刺し5品盛り、アワビの踊り焼き、大ぶりなキンキの炉端焼きが名物商品。そこに単品原価率50%超を投じることによって圧倒的なお値打ちを打ち出している。

調理方法を一捻りして食材の個性を引き出す

鮮魚以外にも地鶏や和牛、滋養卵など高品質な食材を使用。鶏モモ肉を皮で巻いて串打ちした焼鳥を新たに投入するなど、調理方法にもさまざまな工夫を施して商品力に磨きをかけている。

SHOP DATA

店名/本マグロ炉端劇場 魚島屋 久茂地本店
住所/沖縄県那覇市久茂地3-15-19
電話/098-869-7204
店舗規模/26坪38席
営業時間/17:00~25:00
定休日/無休
客単価/3500円
1日平均客数/40人

  • 那覇市内随一の繁華街である国際通りから外れた路地に立地。人通りは少ないが、目的客を強力に吸引している。
  • 靴を脱いであがる客席はカウンター8席、座敷席8卓で構成される。店内の壁にはお客様から提供された魚拓が飾られている。