繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

満員御礼満員御礼

Spanish&Oyster Marisco

新潟市内でまだ馴染みの薄かったオイスターバーとスパニッシュバルを組み合わせて若い女性を中心に支持を獲得。経営母体の㈱イデアルはその他にも、熟成肉など先進的な食文化発信を積極的に行って地域活性化に尽力している。

初の洋食業態に挑戦

 同店のオープンは2013年1月。それまで同社は「旬魚酒菜 五郎 古町店」など和食居酒屋4店を展開しており、初の洋食業態への挑戦となった。
「当時オイスターバーは新潟市内にほとんどなく、東京までわざわざ食べに行く人がいると聞いて商機を見たわけです。ただ牡蠣単品では客層の間口が狭いと考えて、やはり当時大都市圏で流行っていたバルを融合させて居酒屋づかいできる店を目指したんです」と店長の小池真実さんは語る。

1日600個を売る

 看板商品の生牡蠣は常時産地を変えながら7種類以上を1個380〜450円でラインアップ。北海道・厚岸や長崎・五島列島など日本各地の牡蠣に加えて、オーストラリア・ピットウォーターなど外国産の牡蠣も揃えて品揃えの多様さを強調する。大半のお客様は3〜5種の食べ比べ1200〜2080円を注文し、産地ごとの味の違いを楽しんでいる。
「新潟エリアでは夏に岩牡蠣を食べるものの、真牡蠣を生食する習慣がありませんでした。オープン当初は食べ方や味の特徴を丁寧に説明し続けて少しずつお客様を増やしていきました」と小池さん。今では1日600個の牡蠣を消費するほどの支持を得ている。
その他のフードはスパニッシュバルの料理をラインアップ。当初はイタリア料理などの洋食メニューも幅広く揃えていたが2017年5月からはひよこ豆のフリット300円などのタパス16品280~980円、鶏白レバーのパテなどを薄切りしたパンに盛って提供するピンチョス8品300~380円といったスペイン料理に特化。スペイン・サンセバスチャンの名物料理チャングロ1個380円など郷土料理を増やして専門性を高めている。

牡蠣ワインで注文増

 ドリンクの売れ筋は牡蠣と相性がいい白ワイン。中でもミネラル感の高い白ワイングラス3種、ボトル6種を「牡蠣ワイン」と銘打ち、3種飲み比べを1150円で揃えて牡蠣との組み合わせ注文を促している。また生ビールは新潟県限定の「風味爽快ニシテ」を550円で用意。ワインが苦手なお客様も安心して利用できると客層の間口拡大につなげている。
同社はその後も熟成肉の自社製造に着手し「肉料理専門ワインバル NIQ」を出店するなど先進的な業態でヒットを飛ばし、地域の外食シーンの活性化に大きく貢献している。

写真手前から、焼牡蠣4種盛り合わせ1180円はハーブ香るブルギニヨンバター、キルパトリック、マリボーチーズとジェノベーゼソース、ゴルゴンゾーラのクリームソース。右中はソフトシェルシュリンプのアヒージョ780 円。バル盛7 種1500 円はカニカマサラダ、ひよこ豆のフリット、チャングロ、アンチョビポテトサラダ、スカモルツァチーズ×舞茸フリット、季節の野菜のピクルス、エンサラダミクスタ。奥は5種の貝の豪快パエージャでS1600 円、生ビールは新潟県限定の風味爽快ニシテ550 円、樽詰スパークリングワインのポールスターは飲み放題プランで提供している。
2017年からスペイン郷土料理も積極的にオンメニュー。チーズなど本場の食材で再現する。

自慢の一品真牡蠣5種食べ比べ

テーブルオーダー率100%を誇る看板商品の生牡蠣は、国内外各地から仕入れる真牡蠣を月替りで7種類以上ラインアップ。あっさり塩味のものから濃厚な味わいのものまで個性の異なる味をチョイスする。店長の小池さんは日本オイスター協会の「ジュニアオイスターマイスター」の認定を取得しており、味わいの違いを丁寧に説明することを心掛けて食べ比べの楽しさを高めている。食べ比べは写真の5種2080 円の他、3種1200円、4種1640 円を用意。また夏期限定で岩牡蠣3種食べ比べ2200 円も提供。牡蠣の味に合わせた白ワインを揃えた牡蠣ワイン3種飲み比べ1150 円も用意して付加価値を高めている。

繁盛ポイント

新しい食文化を発信し地域の外食シーンを活性化

経営母体の㈱イデアルは、Marisco でオイスターバーとスパニッシュバル、NIQで熟成肉と大都市圏で注目度の高い業態を次々と新潟に出店。新しい食カルチャーを発信して地域の活性化に貢献する。

異なる2業態を融合し専門性と使い勝手を両立

主力商品の生牡蠣は常時7種以上を揃えて専門性の高さをアピール。またバル・メニューでは2017 年5 月からスペインの郷土料理を充実させ、専門性の高さと使い勝手のよさを両立させている。

牡蠣ワインを厳選してペアリング注文を促す

牡蠣との相性がいい白ワインから、ミネラル分を多く含んで牡蠣の旨みを高める銘柄を「牡蠣ワイン」としてグラス3種、ボトル6種を厳選。組み合わせ注文による付加価値アップに成功している。

SHOP DATA

店名/Spanish&Oyster Marisco
住所/新潟市中央区花園1-2-2 コープシティ花園2F
電話/025-278-3956
店舗規模/20坪34席
営業時間/17:00〜25:00
定休日/無休
客単価/4300円
1日平均客数/平日40人、週末100人

  • JR 新潟駅前の商業ビル2階に入居。平日は30~40 代の男女、週末は食事目的の子供連れのファミリーなど客層は幅広い。
  • 朱色の壁にスペインの街並みの写真を配し、黒板にイラスト付きメニューを手書きしてバルの空気感を表現。
  • 写真右の店長の小池真実さんはジュニアオイスターマイスターの資格取得者。左はスタッフの久家彩香さん。