繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

満員御礼満員御礼

ひとくち

創業60年を超える大阪おでん店の老舗として知られる「ひとくち」。おでんと土手焼、大阪庶民の定番料理2つを看板商品に据えつつ、一品料理も充実させて長年通う常連客だけでなく、接待需要も吸収している。

老舗の味を守り続ける

 看板商品のおでんは大根250円や竹輪200円など27品を150~800円でラインアップ。湯葉やまぐろねぎま各350円といった近畿地方特有のおでんダネも人気だが、タネにカレー粉を加えてオリジナリティを打ち出したロールキャベツ350円も常連客からの注文が多い売れ筋商品のひとつだ。
おでん出汁のベースは花かつおと真昆布でとった出汁と鶏ガラを炊いてとった出汁を合わせたもの。ここに前日に使用した出汁をていねいに漉したものを少量加える。伝統の出汁を"隠し味"とすることでフレッシュで澄んだ上品さと奥行きのあるコクを併せもった風味に仕上げている。
「お客様はひとくちの味を求めていらっしゃいますから、具材もレシピも先代から受け継いだまま変わらぬ味を提供するよう努めています」と二代目店主の常廣尚平さん。
一品料理の充実ぶりも見逃せない。刺身はタイやマグロなど5~6種を日替わりで揃え、天ぷらは海老やアナゴ、焼き物は、肉では但馬地鶏や和牛、魚ではキンキやノドグロと、高品質なアイテムがズラリと並ぶ。こうした一品料理が品質本位をアピールする役割を担い、外食経験が豊富なお客様にも選ばれるお店となっている。

ヱビスを一杯目に注文

 お客様の大半がファーストドリンクに注文するというビールにはヱビスの樽生650円、中瓶620円を用意。これに夏季はヱビスマイスター700円、冬季はヱビス スタウト クリーミートップ650円を用意して季節感を打ち出している。この他、常廣さんがセレクトする日本酒20種前後を500~1500円の価格レンジで揃えており、注文を伸ばしている点も見逃せない

老舗の佇まいも魅力

 創業当時からの面影を色濃く残すレトロな佇まいも魅力の一つだ。1階は1人客も気軽に利用しやすいカウンター席とテーブル席だが、2階は畳敷きながら座面の低い椅子とテーブルを配した個室4室を設えており、接待利用のお客様を獲得。
また長年通う常連客や親、子、孫の三世代で利用するお客様も多い。「前回来店時に伺った会話の内容を忘れないようにするなど、お客様との距離の近い接客を心がけています」と常廣さんは語る。

写真手前のおでんダネは、手前から時計回りに玉子150円、大根250円、ロールキャベツ350円、厚揚、棒天、竹輪各200 円。写真左中は納豆のかき揚げ850円、左奥は守口大根620円、右奥はさばのスモーク680円、右中は造り盛合わせ1人前1650円。夏限定で提供するヱビスマイスターは700円。
主客層は40〜60代の近隣住民や会社員で、長年通う常連客が半数を占める。2階に個室も設えることから接待利用も多い。
2 階のカウンター席は手前が椅子席、奥が座敷席のユニークなデザイン。風情ある個室は接待利用のお客さまに好評だ。

自慢の一品名物 土手焼

おでんと土手焼、大阪庶民の定番料理2つを看板商品に据えており、大半のお客様が両方を注文する。名物 土手焼380円は和牛すじとこんにゃくを各1本のセットで提供。白味噌をベースにした大阪伝統の調味を踏襲しながら、後味の軽い上品な甘口に仕上げているのがひとくちの持ち味。牛すじはプリプリとしながら柔らかく、こんにゃくは絶妙な味の染みこみ具合に仕上げている。

繁盛ポイント

おでんと土手焼が看板創業時から守る味を提供

大阪庶民の定番料理であるおでんと土手焼を看板商品に据えて気軽に通えるお店を演出。おでんの出汁、土手焼の味噌ともあっさりした上品な味を追求している。

高品質な一品料理が充実接待ニーズにも対応

一品料理ではタイやマグロの刺身、アナゴや海老の天ぷらといった高品質なおもてなし料理を揃える。2階に個室もあることから接待で利用するお客様も多い。

創業時の面影を残すレトロで落ち着く空間

1955 年の創業から60年を経た今も当時の佇まいを残し、趣ある雰囲気を醸している。これが長年通う常連客の愛着にも繋がっている。

SHOP DATA

店名/ひとくち
住所/大阪市北区西天満4-5-25
電話/06-6361-9048
店舗規模/90坪60席
営業時間/17:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日/土・日曜日、祝日
客単価/5000円
1日平均客数/30人

  • お店を構える西天満エリアは、大阪天満宮にほど近い古くからの繁華街として老舗の飲食店や小売店が多い。歴史を感じさせる風格を醸す。
  • 1 階はおでんと土手焼を炊く鍋を囲むようにカウンター席を配置。創業当時の風情を今に残した内装が落ち着いた雰囲気を演出する。
  • 写真右が店主の常廣尚平さん、隣が奥様で女将の育子さん。「リピーターのお客様は名前でお呼びするなど親しみのわく接客を心がけています」。