繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

11月度東名阪の外食市場規模、伸び率は鈍化も12ヶ月連続で前年を上回る

リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、東名阪三圏域(首都圏・関西圏・東海圏)の男女約10,000人を対象とする2022年11月度の「外食市場調査」の調査結果を公表した。
 11月の外食市場規模は、3圏域合計で2,479億円。前年同月比は+90億円(103.8%)と12ヶ月連続の前年比プラスであった。ただ、11月は、感染第8波に入った時期と思われ、前年比の増加額や伸び率は鈍化した。コロナ禍前の2019年同月比は、73.1%と前月の同78.7%から後退。外食単価は13ヶ月連続で前年実績を上回り、外食実施率、頻度が2019年比で前月からマイナス幅が拡大した一方、単価は2019年比でも103.4%と前月(同 101.4%)よりも伸びた。
 外食市場規模の食事主体業態・計は前年比106.4%(2019年比80.7%)、飲酒主体業態・計は同96.7%(同 61.0%)、軽食主体業態・計は同104.8%(同70.8%)で、2019年比は3分類とも前月より悪化した。業態別の市場規模は、「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店」(前年比増減+35億円)、「レストラン、食堂、ダイニング、洋食店」(同+23億円)、「中華料理店」(同+14億円)等主要16業態中12業態で前年を上回った。「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店」(延べ回数+24万回、単価+341円)、「レストラン、食堂、ダイニング、洋食店」(同+65万回、+140円)等は、延べ回数・単価ともに前年比で増加した。

【3圏域計(首都圏・関西圏・東海圏)】
①外食実施率:64.2%(前年比+1.4pt) ②外食頻度:3.66回/月(同+0.05回) ③外食単価:2,651円(同+47円) ④外食市場規模2,479億円(同+90億円)
【圏域別】
①外食実施率…首都圏:62.9%(前年比+0.4pt)、関西圏:65.5%(同+2.9pt)、東海圏:66.8%(同+2.4pt)
②外食頻度…首都圏:3.79回/月(同+0.02回)、関西圏:3.63回/月(同+0.09回)、東海圏:3.23回/月(同+0.09回)
③外食単価…首都圏:2,698円(同+7円)、関西圏:2,712円(同+104円)、東海圏:2,331円(同+115円)
④外食市場規模…首都圏:1,482億円(同+5億円)、関西圏:695億円(同+60億円)、東海圏:302億円(同+25億円)
※1 外食:夕方以降の食事について、お店で食事した場合を対象。消費地の範囲として、各圏域の居住者が各圏域の対象都府県内で行った外食を対象としており、圏域外で行った外食は含んでいない。また、夕方以降、1日2回までの外食を含む
※2 外食頻度:外食実施者の1ヶ月あたりの平均外食回数
※3 外食市場規模:各圏域の当該年齢人口×外食実施率×外食頻度×外食単価で算出

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら