繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

紙使用量を大幅削減!「サッポロ生ビール黒ラベルエコパック」テスト販売

サッポロビールは、紙の使用量を大幅に削減した 6 缶パック資材“改良型 6 缶パック”と“エコハット”を使用した「サッポロ生ビール黒ラベルエコパック」を 2 月と 3 月にスーパーマーケット「ライフ」の首都圏店舗 ( 一部店舗を除く ) にてテスト販売を実施する。

サッポログループでは、昨年 11 月にサステナビリティ重点課題の全面的な見直しを発表。その最注力課題のひとつに、世界共通の喫緊の課題である「脱炭素社会の実現」を掲げ、 SBT 認証レベルでの CO2 排出削減目標に取り組んでいる。その取り組みの一環として 2050 年までに循環型社会に対応した容器包装へ 100 %変更していくことを目指しており、同社でも次世代容器包装「 eco フレンドリー」プロジェクトを始動し、紙の使用量を大幅削減した環境配慮型の容器包装開発に取り組んでいる。

2 月 7 日に発売する「 eco フレンドリー」シリーズ第 1 弾の“改良型 6 缶パック”は、缶蓋をロックさせる技術を採用しホールド性を付与することで、安全性も維持しながら通常の 350ml の 6 缶パック資材と比較して、天面ならびに側面の幅を短縮し、紙の使用量を約 19.6 %削減している。ビール類の 350ml 、 500ml 用の 6 缶パック資材全量に採用すると想定した場合には、年間で約 990t の紙の使用量を削減、資材製造に伴う CO2 排出量は約 600 tの削減につながることが見込まれる。

一方、 3 月 7 日に発売する「 eco フレンドリー」シリーズ第 2 弾の“エコハット”は、缶上部でのホールドを可能としたことで、従来品と比較して紙の使用量を約 68 %削減した資材。環境負荷軽減につながる新しい資材であり、シンプルなパッケージの形状は、缶胴のデザインを活かす包装だ。ビール類の 350ml 、 500ml 用の 6 缶パック資材全量に採用すると想定した場合には、年間で約 3,450t の紙の使用量削減、資材製造に伴う CO2 排出量は約 1,450t の削減につながることが見込まれる。

同社では、今回のスーパーマーケット「ライフ」でのテスト販売で顧客の購入意向や安全性、使用感、店舗における取り扱い性を検証し改良をすすめながら、今後同資材の本格採用を目指すとしている。なお、「 eco フレンドリー」シリーズ第 3 弾以降も予定しており、今後もスピード感をもって環境配慮型の容器包装開発を推進し、積極的に実証実験をしていく「スモールトライ」を通じた顧客とのコミュニケーションにより、次世代の容器包装を次々と創造し実用化を目指す。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら