繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

日本フードサービス協会、6月の外食売上高は7ヶ月連続で前年を上回る

日本フードサービス協会 (JF) は、会員企業 ( 有効回収事業者数 230 社・店舗数 37,099 店 ) を対象とした 2022 年 6 月度の外食産業動向を発表した。なお、本調査は、新規店も含めた全店データを業界全体および業態別に集計し、前年同月比を算出したもの。

今年の 6 月は、昨年とは違い大都市圏でも「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」の適用が無く、外食産業の売上前年比は、前月同様大幅に伸び、全体売上は 119.9 %となった。夜遅い時間帯の集客は依然として弱いものの、「昼の時間帯」、「家族客」、「土日休日」を中心に客足の好調が継続した。外食店舗は徐々に営業時間をコロナ前に戻すなど、コロナと共存して社会経済活動を維持しようという動きが見られ、売上はコロナ前の 19 年比で 93.1 %にまで戻ったが、パブ・居酒屋業態では 19 年比 58.3 %と依然苦戦が続いている。

全体および業態別の対前年同月比は以下の通り、 ( ) は 2019 年 ( 一昨々年 ) 比
■全体【売上高 119.9 % (93.1 % ) ・店舗数 99.8 %・客数 111.3 %・客単価 107.8 %】
■ファーストフード業態 【売上高 108.0 % (105.5 % ) ・店舗数 99.9 %・客数 105.4 %・客単価 102.5 %】

FF は、デリバリーの定着化に加えて、行動制限がなくなり外食客も増えたことにより、全体売上は 108.0 %。

業種別売上高は、「洋風」はデリバリーや注文のデジタル化などの「利便性」と各種キャンペーンの好調があいまって 108.1 %、 19 年比でも 121.4 %と、引き続き業態を牽引した。「和風」は、駅前立地の回復が一部遅れているものの、デリバリーの堅調や朝食のテイクアウト訴求が奏功し 109.5 %。「麺類」は、 6 月下旬の猛暑の中で冷たいメニューが好調で 115.6 %となった。「持ち帰り米飯 / 回転寿司」は、「持ち帰り米飯」にテイクアウト需要の一服感があるものの、「回転寿司」の休日の集客が後押しし 100.8 %となった。「その他」は、「カレー」の価格改定による単価上昇と、猛暑の下旬に「アイスクリーム」のイートインが好調で 109.3 %となった。
■ファミリーレストラン業態【売上高 131.3 % (83.8 % ) ・店舗数 99.5 %・客数 123.4 %・客単価 106.4 %】

FR の全体売上は 131.3 %と、昨年の営業制限の反動から大きく伸びたが、引き続き夜間の集客は弱く、 19 年対比では 83.8 %で戻りは鈍い。

業種別売上高は、反動増から「洋風」は 128.1 %、「和風」は 134.6 %となるも、 19 年比では未だ 8 割前後にとどまった。クーポン配布などのキャンペーンの再開・強化に取り組むところもあり、徐々にコロナ前の環境に戻りつつあるが、夜の集客、宴会需要などは戻っていない。「中華」は、下旬の猛暑で冷し中華や飲料が好調で 119.1 %。「焼き肉」は、郊外立地店が引き続き好調で 154.6 %となった。
■パブ / 居酒屋業態【売上高 335.9 % (58.3 % ) ・店舗数 97.4 %・客数 256.8 %・客単価 130.8 %】

6 月も 5 月と同様、大都市圏などで酒類提供店に休業要請が続いた昨年と比べると売上は 335.9 %と驚くほどの伸びとなったが、 19 年対比ではいまだに 58.3 %である。早い梅雨明けと下旬の猛暑で、ビール類の売れ行きが好調であったものの、実際には“法人需要”と“夜間の客足”がなかなか戻らず、依然苦戦が続く。夜間営業のために人員確保に努めるも思ったほど集客できず、成果は少ない。
■ディナーレストラン業態【売上高 171.5 % (80.9 % ) ・店舗数 108.7 %・客数 147.4 %・客単価 116.3 %】

DR は、前年の反動増に加え、アルコール飲料を提供できたことなどにより、 5 月に続き売上は 171.5 %と大幅に上昇したが、 19 年比は 80.9 %にとどまった。家族客、土日休日を中心に集客は好調だったが、法人宴会はまだ回復が見られない。
■喫茶業態【売上高 122.9 % (83.2 % ) ・店舗数 98.0 %・客数 114.6 %・客単価 107.3 %】

昨年の時短営業や休業の反動で、売上は 122.9 %。どの立地でも回復基調はあるものの、下旬の猛暑でブレーキがかかった感もあり、 19 年対比では 83.2 %となった。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら