繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

TableCheck、コロナ禍前後の飲食店の予約チャネルの変容を分析

TableCheck は、予約・顧客管理システム「テーブルチェック」を利用する全国の飲食店約 6,200 店舗の 2019 年 1 月 1 日~ 2022 年 6 月 15 日の予約チャネルごとの飲食店予約データをまとめ、コロナ禍前後の飲食店の予約チャネルの変容を分析した。

今回は、主要なグルメサイト 5 社と公式ウェブ予約人数の推移を比較。コロナ前の 2019 年の予約動向は、グルメサイト全体 (5 社 ) の割合は 55 %前後で推移し、繁忙期では 60 %前後にまで上昇した。さらに、コロナ禍の外食需要喚起のために実施された GoToEat キャンペーン期間中はその割合は 70 %弱にまで高まった。ただ、その影響は 2021 年春ごろから落ち着きはじめ、その後はグルメサイト経由の予約は横ばい状態が続いており、平均して 40 ~ 45 %で推移しており、コロナ前から約 10 %も予約比率が下落していることがデータからみてとれる。

一方、予約比率が増加しているのが、公式ウェブ予約と Google 、 Instagram 。公式ウェブ予約の比率は、コロナ前は 40 %強で推移していたが、直近ではその比率を 50 %前後まで上昇させている。 Google 、 Instagram はともに、コロナ禍で飲食店予約機能を充実させて以降、いずれも予約数を急速に伸ばしている。全体的な割合としては両者合わせて 5 %ほどと、まだ低い割合だが、今後さらに急増していくと考えられるとしている。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら