繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

日本冷凍食品協会、令和3年冷凍食品の生産・消費速報値を公表

一般社団法人日本冷凍食品協会は、令和 3 年 (1 月~ 12 月 ) の冷凍食品の生産・消費調査結果の速報値を公表。国内生産量は 2.9 %増、出荷額も 5.2 %増とともに前年を上回った。

冷凍食品の国内生産は、数量が 1,596 千トン ( 前年比 102.9 % ) と前年を上回り、過去最高だった平成 29 年の 1,600 千トンとほぼ同水準に。金額 ( 工場出荷額 ) は、 7,371 億円 ( 同 105.2 % ) とこちらも前年を上回った。家庭用は、数量が 799 千トン ( 同 103.6 % ) と 7 年連続増となり、金額も 3,919 億円 ( 同 105.2 % ) と前年を上回るとともに、数量・金額とも過去最高を記録した。業務用は、数量が 798 千トン ( 同 102.3 % ) 、金額が 3,451 億円 ( 同 105.3 % ) と、 3 年連続の減少から増加に転じた。数量では、わずかながらも家庭用が業務用を初めて上回った。金額では、前年に初めて家庭用が業務用を上回ったが、令和 3 年も同様の結果となった。

輸入冷凍食品では、財務省貿易統計による冷凍野菜輸入量は 1,072 千トン ( 同 103.8 % ) で、前年に 6 年ぶりに減少していたのが再び増加した。輸入額も 2,034 億円 (108.9 % ) と増加し、調査開始以来最高となった。また、調理冷凍食品は、輸入量が 236 千トン ( 同 92.6 % ) 、金額が 1,544 億円 ( 同 98.4 % ) となり、数量、金額ともに前年を下回った。輸入量のうち、業務用は 179 千トン ( 同 89.3 % ) 、家庭用は 56 千トン ( 同 105.4 % ) となり、金額では業務用は 1,127 億円 (94.1 % ) 、家庭用は 417 億円 (112.2 % ) と、業務用は量、金額とも大幅に減少し、家庭用では量、金額とも増加した。

国内消費量 ( 「冷凍食品国内生産量」「冷凍野菜輸入量」「調理冷凍食品輸入量」の合計 ) は、 2,905 千トン ( 同 102.3 % ) と前年の減少から増加に転じた。これを総人口 (125,502 千人 ) で割った国民 1 人当たりの年間消費量は 0.5kg 増の 23.1kg ( 同 102.2 % ) と、再び 23kg 台になり前年を上回った。また金額ベースも 1 兆 949 億円 ( 同 104.9 % ) と増加した。

なお、調理冷凍食品の輸入については、協会会員だけを対象にした調査であり、会員以外の商社、流通業者等が輸入しているものを考慮すると、実際の「消費量」はこの 2,905 千トンを上回るものと考えられるとしている。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら