繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

日本百貨店協会、3月の百貨店売上高は2ヶ月ぶりに前年を上回る

日本百貨店協会は、調査対象百貨店 73 社・ 190 店の 2022( 令和 4) 年 3 月度の全国百貨店売上高概況を発表。売上高は、 4260 億 3500 万円 ( 店舗調整後前年比 4.6 %増 ) と 2 ヶ月ぶりに前年を上回った。

3 月は、売上高 4.6 %増、入店客数 2.9 %増と、共にプラス転換した。まん延防止等重点措置の解除による外出機会の増加や消費マインドの高まりに加え、各社が企画した外商催事や会員施策、各種イベントなどが寄与した。春物商材や増勢が続く高額商品の他、新生活需要を背景にオケージョンアイテムも好調に推移した。 2019 年比では、売上高 15.2 %減、入店客数 27.8 %減となっている。

顧客別では、国内市場は活況で、 4.9 %増 (2 ヶ月ぶり / シェア 98.9 % ) とプラスに転じ、 2019 年比では 3.5 %減と、コロナ前の水準に回復しつつある。一方、インバウンドは 15.3 %減 (2 ヶ月連続 / シェア 1.1 % ) 、 2019 年比 85.8 %減と厳しい状況が続く。

地区別では、大都市 (10 都市 /6 ヶ月連続 ) が 6.7 %増と、前月より 4.7 ポイント伸長した。二桁増の東京地区 (11.3 %増 ) をはじめ、全地区で前年実績を超えた。地方 (10 都市以外の地区 /2 ヶ月連続 ) は、 2 地区 ( 関東、四国 ) でプラスとなったものの、全体では 0.6 %減と、わずかに前年には届かなかった。

商品別では、主要 5 品目のうち、家庭用品を除く 4 品目で前年実績をクリアした。ラグジュアリーブランドや、時計・宝飾などの高額品は二桁増と引き続き高伸している。また、気温上昇等の天候与件や外出増加、オケージョン需要の回復で、コート、ジャケットなど春物衣料、卒・入学や新生活アイテム、ブライダル関連も動いた。食料品は、物産催事の他、惣菜や、手土産需要から菓子が好調だった。ホワイトデー、ひなまつりなど歳時記商材も健闘した。生鮮食品は流通量減少による価格高騰が影響し苦戦した。

商品別売上高は、食料品が 1135 億 4177 万円 ( 店舗調整後・前年増減率 3.6 %増 ) 、食堂喫茶 86 億 2699 万円 ( 同 2.0 %増 ) 、衣料品 1235 億 9140 万円 ( 同 4.2 %増 ) 、身のまわり品 640 億 4293 万円 ( 同 10.6 %増 ) 、雑貨 836 億 53 万円 ( 同 4.7 %増 ) 、家庭用品 172 億 4576 万円 ( 同 2.1 %減 ) 、サービス 42 億 6480 万円 ( 同 3.4 %減 ) 、その他 111 億 2082 万円 ( 同 1.1 %減 ) 、商品券 76 億 8558 万円 ( 同 6.8 %減 ) であった。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら