繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

ぐるなびリサーチ部、「ゴールデンウィークの過ごし方」に関する調査

ぐるなびは、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として定期的に情報を発信しているが、今回は、「ゴールデンウィークの過ごし方」について調査した。
■ゴールデンウィーク(GW)の最長連休は、カレンダー通りの「3連休」が29.3%と最多
 まず、今年のGW(4/29~5/8)は最長で何日間の連休が取れそうか聞いたところ、「3連休」(29.3%)が約3割と最多で、「わからない、未定」を除くと、「10連休」が13.1%で続いた。
■新型コロナウイルスの感染状況の見通しは、全体では「変わらない」が最多
 GW時期の新型コロナウイルスの感染状況が現在と比べてどうなっていると思うか聞いたところ、全体では、「変わらない」(41.9%)が4割強と最多で、「悪くなっていると思う」(32.4%)が3割強、「良くなっていると思う」(10.4%)が1割強だった。昨年と比較すると、「悪くなっている・計」と考えている人は減少傾向(59.7%→41.6%)で、「良くなっている・計」と考えている人は増加傾向(6.3%→11.9%)だった。
■やりたいことは自宅で過ごす・外食・ショッピングがTOP3!外出関連の予定が増加
 GW中にしたいことを聞いたところ、昨年同様「自宅で過ごす」(38.3%)が最も多く、「外食」(33.6%)、「ショッピング」(22.8%)、「日帰り旅行」(22.3%)、「知人と会う」(18.2%)が続いた。昨年調査と比較すると、「自宅で過ごす」は4.7ポイント減少したが、「外食」は4.6ポイント増、「ショッピング」は4.0ポイント増、「日帰り旅行」は2.0ポイント増と外出関連の予定が増加していた。
■外食の相手は「家族」が72.9%、「友人」が41.1%、1食1人当たりの予算は5,660円
 前問で「外食」と回答した人(n=336)にGWは誰と一緒に外食をしたいか聞いたところ、「家族」(72.9%)がダントツ1位で、「友人、知人」(41.1%)、「1人で」(19.9%)、「恋人」(18.2%)と続いた。
 また、GW中の外食にかける予算(1食1人当たり)は、5,660円と昨年の4,894円より800円近く上昇。予算の増減において「増やす」との回答は、全体が22.3%で、年代別では、20代(27.4%)と50代(25.6%)で、4人に1人以上が「増やす」と回答した。
■コロナ禍で迎える3度目のゴールデンウィーク、昨年よりも外出が増える傾向
 同社リサーチグループ長本間久美子氏は、『今年のゴールデンウィークは、カレンダー通り「3連休」になる人が約3割と最多。ゴールデンウィークの過ごし方では「自宅で過ごす」は、昨年より約5ポイント減少し、「外食」や「ショッピング」が増加しました。「5連休」が3割で最多だった昨年のゴールデンウィーク調査と比較すると連休が短い傾向にあるため、近場で楽しもうと考える人が多いのかもしれません。また、新型コロナウイルス感染状況の見通しについては「変わらない」が4割超と最多に。大きな変化はないだろうと考え、ゴールデンウィークに「自宅で過ごす」以外の計画を考えている様子が今回の結果からうかがえました。』と解説した

【調査概要】
調査期間:4月1日~3日
調査方法:WEBアンケート
調査対象:全国
回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら