繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

「お気軽リッチ気分」のRTDに「サッポロ 三ツ星グレフルサワー」登場

サッポロビールは、グレープフルーツ本来のおいしさを徹底的に追求したグレフルサワー専門ブランド「サッポロ 三ツ星グレフルサワー」から、「サッポロ 三ツ星グレフルサワー 贅沢ホワイト」「サッポロ 三ツ星グレフルサワー 芳醇ピンク」 ( 各 350ml/500ml 缶 ) の 2 商品を 5 月 24 日に全国で発売する。

RTD(Ready to Drink =栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料 ) 市場は、価格優位性や食中酒としての定着などを背景に、今後も成長が見込まれている。また、自宅で過ごす時間を大切にする意識の高まりから、「こだわり商品・付加価値商品」への期待が増していくことが予測される。

同社は、今年、 RTD 事業戦略として「専門性」の追求をテーマに掲げており、飲食店の本格的な味わい・雰囲気を楽しむ「おうちで居酒屋気分」と、気軽に贅沢を楽しむ「お気軽リッチ気分」を両輪としたマーケティングを展開している。

「サッポロ 三ツ星グレフルサワー」は、「お気軽リッチ気分」の新ラインナップとして、新しい選択肢を提案。こだわりの三ツ星レシピでつくった、圧倒的ジューシーな味わいと、ほとばしる香りが特長で、グレープフルーツの魅力を徹底的に引き出した。缶体デザインは、グレープフルーツから滴る果汁により濃厚な味わいを表現し、裏面にはこだわりの三ツ星レシピを表記している。なお、三ツ星レシピとは、「にごり果汁」「追いグレフル」「濃い味仕立て」によるグレープフルーツのおいしさを最大限引き出す同社独自のレシピだ。

同社は、レモンサワーに続く新しく確かな価値を有した“もうひとつの定番サワー”の提案で、 RTD 市場のさらなる活性化に貢献していきたいとしている。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら