繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

RED U-35、食の未来へ貢献するプロジェクト「未来のための一皿」開始

RED U-35(RYORININ ' s EMERGING DREAM U-35) 実行委員会は、マクアケが運営する、アタラシイものや体験の応援購入サービス「 Makuake 」と協業し、次代を担う料理人たちのクリエイティブ・ラボ「 CLUB RED 」所属の若手料理人が参加する、食の未来へ貢献するプロジェクト「未来のための一皿」を 3 月 29 日に開始した。

本取り組みには、北海道、岩手県、埼玉県、東京都、大阪府、福岡県、宮崎県から「 CLUB RED 」所属の 8 名の料理人が参加し、これまで廃棄の対象であった食材部位や地場産食を使ったレシピ・商品を考案し、「 Makuake 」の特設ページ内で発表する。サポーターは、「背景・こだわり」を知った上で応援購入すると、リターンとして、新しい商品やメニュー、お店との出会いを楽しむことができる。

「未来のための一皿」は、「 RED U-35 2021 ONLINE 」の大会テーマであり、料理人が大会テーマに沿って考案した新しいレシピや商品を、一般の人に提供、販売をするのは初の試みとなる。

「 CLUB RED 」では、さまざまな企業や団体、地域と積極的に連携し、自店の厨房の枠を超えて活動していくことで、料理人としての経験を広げ、食の未来に貢献していくことを目的としている。本取り組みを通じて、次代を担う若手料理人の支援につなげ、国内における飲食業界全体のさらなる活性化へ貢献していきたいとしている。
特設ページ: https://www.makuake.com/online_event/redproject/

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら