繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

業務用市場中心に販売している「サッポロラガービール」に缶商品が登場

サッポロビールは、飲食店など業務用市場を中心に大びん・中びんのみで販売している「サッポロラガービール」の缶商品 (350ml/500ml 缶 ) を 5 月 10 日に全国で数量限定発売する。

「サッポロラガービール」は、 1877( 明治 10) 年に同社の前身である開拓使麦酒醸造所から発売されて以来、いまに受け継がれる、日本で現存する最も歴史のあるビールブランド。生ビールでは感じることのできない熱処理ビールならではの味わいが高く評価されるとともに、歴史と新しさが同居した格好良さが、ビール好きの顧客に支持されている。

今回発売する缶商品のデザインでは、現在のびんラベルを忠実に表現。裏面には、飲食店で親しまれているびんの「サッポロラガービール」の姿をデザインし、一体感を高めた。ラベル中央の赤い星は、開拓使のシンボルであった北極星を表し、ファンから「赤星」の愛称で長年親しまれている。

同社は、引き続き多様なビールブランドをもつ強みを活かし、様々な顧客のニーズに対応していきたいとしている。
赤星探偵団: https://www.akaboshi-tanteidan.com/

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら