繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

エビソル、2022年3月度の「飲食店の前年対比の予約状況」を公開

エビソルは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に伴い大幅に自粛営業を余儀なくされている飲食店の厳しい状況を知ってもらうことを目的に、「 ebica 」及び「グルメサイトコントローラー」を利用している全国約 4,000 店舗を対象とした飲食店の前年対比の予約状況を公開しているが、今回は、 3 月 1 日~ 3 月 27 日の 4 週間分を更新した 3 月度のレポートを公開した。

全国では、 1 日平均予約数の対前月比は 144 %と増加したものの、 2019 年同月比では 80 %とコロナ禍以前の水準には満たない結果に。一方、まん延防止等重点措置の解除が追い風となり、 3 月 21 日の週には 1 店舗あたりの予約数が 3 月で最も多い 46.3 件を記録した。再び飲食業界において回復に向けた兆しが期待される中、 3 月 22 日以降も独自の警戒期間や制限が定められる地域があることから、飲食店では今後も環境の変化への対応が迫られる。

大阪府における 1 日平均予約数の対前月比は 144 %と、全国同様数字の上では大幅に増加し、まん延防止等重点措置が解除された 3 月 21 日週には 1 店舗あたりの予約数が 3 月で最も多い 43.1 件に。まん延防止等重点措置の解除により、飲食店の営業時間やアルコール類の提供に関する制限は無くなったものの、「年度替わりの集中警戒期間」が制定されたことにより、「 1 テーブル 4 人以内」や「 2 時間程度以内での飲食」などの制限が継続されることが決定するなど、コロナ禍 3 年目も厳しい環境が続く。

東京都における 1 日平均予約数の対前月比は 136 %と、全国・大阪同様に増加が見られた一方、 2019 年同月比は 70 %で推移。しかし、 3 月 21 日の週には 1 店舗あたりの予約数が 2022 年で最も多い 40.9 件と、外食への機運が再び戻ることが期待される。東京では 3 月 22 日以降「リバウンド警戒期間」が制定され、陰性証明書を用いた場合行動制限が緩和されるものの行動制限は継続することから、今後の客足に注視が必要だ。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら