繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

トレンド座談会、「あるとうれしい箸休め」や「定番の付け合せ」ランキング

リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、外食のプロフェッショナルを集め、外食トレンドを発表するための「トレンド座談会」を開催しているが、今回は、「付け合わせや箸休めの小鉢や小皿」について20代~60代の男女1,034名にアンケート調査を実施した。
■定食の箸休めの小皿や小鉢が「あったらうれしい」は9割強
 外食をするときの定食などの箸休めの小皿や小鉢について、「基本的に箸休めの小皿や小鉢は必要ない」と答えた人はわずか8.3%で、91.7%の人があったらうれしいと感じるメニューがあることが分かった。箸休めのなかであったらうれしいものをいくつかの選択肢を提示して聞いたところ、1位は過半数の支持を得た「ポテトサラダ」(52.2%)で、「卵焼き」(44.8%)、「生野菜」(39.5%)がトップ3、以下、「漬物」「マカロニサラダ」「ほうれん草のおひたし」「ひじき」「冷ややっこ」「トマト」「キャベツの千切り」までがトップ10という結果だった。
■メニューと付け合わせの定番の組み合わせ1位は「カレーに福神漬け」
 料理の付け合わせに関して、いくつかの選択肢を提示して聞いたところ、「これぞ定番と思う付け合わせ」は、「カレーに福神漬け」(63.2%)、「とんかつにキャベツの千切り」(59.2%)、「寿司にガリ」(58.0%)がトップ3で、「ハンバーガーにポテト」「牛丼に紅ショウガ」「焼き魚に大根おろし」「焼きそばに紅ショウガ」「炒飯に中華スープ」「焼肉にキムチ」「天ぷらに大根おろし」までがトップ10であった。
 また、「自分にとってはマストな付け合わせ」は、1位「寿司にガリ」(37.4%)、2位「カレーに福神漬け」(36.8%)、3位「とんかつにキャベツの千切り」(34.5%)で、10 位に「カレーにらっきょう」(16.1%)が入った。
■「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員有木真理氏の解説
 『外食において、メインだけではなく、セットメニューの箸休めの小皿や小鉢、そしてメイン料理への付け合わせにも注目が集まっています。箸休めがあるとうれしいと感じている人が91.7%と大多数であることが分かりました。箸休めの人気メニューはポテトサラダや卵焼きなど、自炊となると手がかかるものが多くランクイン。ついつい手抜きになったり省いてしまったりという方も多いのではないでしょうか?また、付け合わせに関する質問では「自分にとってマスト」な組み合わせのトップ3は3割以上の人に支持されており、「これを食べるならこれがないと!」という組み合わせを持つ人が多くいることも分かりました。』

【アンケート調査概要】
調査時期:2月18日~2月19日
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20代~60代男女(マクロミルの登録モニター)
有効回答数:1,034件(男性517件、女性517件)

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら