繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

サッポロHD、グループのDX方針を推進!DX・IT人財育成プログラム開始

サッポロホールディングスは、同社グループにかかわるあらゆるステークホルダーと共に成長し続け、顧客と企業の価値最大化を目指していくために DX 戦略を推進するグループの DX 方針を策定。このグループの DX 方針を推進する「 DX ・ IT 人財育成プログラム」をスタートさせた。

本プログラムは、「全社員ステップ」「サポーターステップ」「リーダーステップ」の 3 段階に分かれていて、㈱エクサウィザーズおよびインソースグループの教育プログラムを活用しながら、公募やアセスメントを経て DX ・ IT 案件を推進できる人財を育成していく。 2023 年までの「全社員ステップ」では e ラーニングを通じて「全社員 DX 人財化」の基盤をつくり、その後「サポーターステップ」「リーダーステップ」で 500 名規模の DX ・ IT 推進サポーター及び 150 名規模の DX ・ IT 推進リーダーを育成し、グループ全体の戦略推進力の向上を図る。また、 2024 年以降は社内で自走的に人財育成ができる体制を構築する。

サッポログループ DX 方針は、グループ経営計画 2024 の達成はもとより、変化が激しく混沌とした時代をチャンスと捉え、顧客へ即応できる組織やマインドに変わるための原動力としていくもの。グループの DX 戦略推進にむけ「 4 つの環境整備」と「 3 つの DX 方針」を掲げていて、人財育成・確保は環境整備課題の 1 つとなっている。「全社員 DX 人財化」により全社員による協力と DX ・ IT 推進サポーターの支援のもと、 DX ・ IT 推進リーダーが中心になって自部門の案件、ひいては全社横断プロジェクトに参画し DX ・ IT 推進を実行していく。その後はリアル・バーチャルでのコミュニティ形成や、育成後の活躍の場を作るなどの継続的な人材育成施策により、 DX ・ IT 人財の拡大化をしていく。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら