繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

リクルート、「SUUMO住みたい街ランキング2022 首都圏版」を発表

リクルートは、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している人を対象に実施したWEBアンケート形式による「SUUMO住みたい街ランキング2021 首都圏版」を発表した。
 「住みたい街(駅)ランキング」1位は、2018年から5年連続で「横浜」(1548点)であった。2位には前年3位だった「吉祥寺」(1046点)が、3位には同じく4位だった「大宮」(1014点)がそれぞれランクアップ、一方4年連続2位だった「恵比寿」(991点)は4位となった。以下、5位「浦和」(677点)、6位「目黒」(671点)、7位「新宿」(661点)、8位「品川」(658点)、10位「鎌倉」(589点)が続いた。さらに、トップ20には、11位「渋谷」、12位「中目黒」、13位「東京」、14位「武蔵小杉」、15位「船橋」、16位「流山おおたかの森」、17位「さいたま新都心」、18位「表参道」、19位「中野」、20位「北千住」が入った。
 また、得点がジャンプアップした街ランキングトップ5は、「流山おおたかの森」(2021年と2022年の得点差+195点)、「船橋」(同+110点)、「川越」(同+98点)、「有楽町」(同+92点)、「北千住」(同+78点)だった。

【調査概要】
調査対象:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県在住の20歳~49歳の男女
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査期間:1月4日~1月13日
有効回答数:10,000人

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら