繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

JBRC、2月度東名阪三大都市圏アルバイト・パート募集時平均時給調査

リクルートの調査研究機関「ジョブズリサーチセンター(JBRC)」は、三大都市圏(首都圏・東海・関西)の2022年2月度「アルバイト・パート募集時平均時給調査」結果を公表。本調査は、同社が企画運営する求人メディア、勤務地を重視する読者へ向けた無料の仕事情報誌「TOWNWORK」、アルバイト・仕事探しの総合求人情報サイト「fromA navi」に掲載された求人情報より、アルバイト・パートの募集時平均時給を集計したもの。
 2月の三大都市圏の平均時給は、前年同月(1,092円)より14円増加の1,106円(増減率+1.3%)となった。職種別では、11ヶ月連続で前年を上回った「フード系(1,056円)」(前年同月比+38円、+3.7%)や「事務系(1,196円)」(同+50、+4.4%)など全職種で前年を上回った。
 エリア別の首都圏の平均時給は、1,150円と、前年同月(1,142円)より8円(+0.7%)増加した。職種別では、「事務系(1,244円)」(+51円、+4.3%)、「フード系(1,101円)」(+19円、+1.8%)など全職種で前年を上回った。
 東海の平均時給は、1,021円と、前年同月(1,009円)より12円(+1.2%)増加した。職種別では、「事務系(1,045円)」(+38円、+3.8%)や「フード系(990円)」(+27円、+2.8%)など全職種で前年を上回った。
 関西の平均時給は、1,089円と前年同月(1,071円)より18円(+1.7%)増加。職種別では、「フード系(1,026円)」(+40円、+4.1%)など全職種で前年を上回った。
 なお、フード系の三大都市圏以外の全国エリア別募集時平均時給は、北海道930円、東北908円、北関東953円、甲信越・北陸964円、中国・四国940円、九州915円と5ヶ月連続してすべてのエリアで900円を超え、全国平均は1,016円であった。

 ジョブズリサーチセンター長の宇佐川邦子氏は、『三大都市圏の2月度平均時給は、前年同月より14円増加の1,106円となりました。事務系は前年同月比+4.4%と引き続き高い伸びを示し、2006年1月度の調査開始以来の過去最高を3ヶ月連続で更新しています。また、フード系も前年同月比+3.7%となりました。 新型コロナウイルス(オミクロン株)の感染拡大を受けて、複数の地域でまん延防止等重点措置が継続されている状況下ではありますが、フード系や小売などをはじめとした複数の職種では、学生の卒業に伴う3月の一斉退職を見据えた採用が本格化している模様です。また、事務系のコールセンタースタッフは新型コロナウイルスのワクチン接種予約や各種給付金の受付・問い合わせなどに対応する人材需要が旺盛なことから時給が大幅に上昇し、3ヶ月連続で過去最高を更新しています。』とコメントした。

※首都圏…東京・神奈川・千葉・埼玉、東海…愛知・三重・岐阜・静岡、関西…大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山
※東北…宮城・青森・岩手・秋田・山形・福島、北関東…栃木・群馬・茨城、甲信越・北陸…山梨・長野・新潟・石川・富山・福井、中国・四国…広島・岡山・山口・島根・鳥取・香川・徳島・愛媛・高知、九州…福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
※分類…「販売・サービス系」、「フード系」(ホールスタッフ/調理・コック・板前(見習含む)/ファストフード/パン職人・パティシェ/洗い場・パントリー)、「製造・物流・清掃系」、「事務系」、「営業系」、「専門職系」
※四捨五入をしているため、増減額および率が完全に一致しない場合がある

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら