繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

飲んで気軽にエコ参加!国内初「カートカン」を使用した「水」商品が登場

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、手軽に脱プラスチック、森林育成にも貢献できる紙製飲料容器「カートカン」を使用した「 GreenPack Water 195 g紙」を 3 月 14 日より全国で新発売する。

「カートカン」は、原料の紙に間伐材を含む国産材を 30 %以上使用していることから、森林整備にも貢献できる容器だ。同社では、環境に配慮した紙製飲料容器カートカンの持つ特性に着目し、 1996 年より飲料業界に先駆けて商品を発売して以来、環境意識の高い企業、官公庁、学校等の施設から評価を得ながら、カートカンを使用した商品を各種展開。さらに、カートカンを使った商品の売上の一部を「緑の募金」に寄付することで、森林保全活動にも貢献している。

近年、海洋プラスチックごみ問題や、地球温暖化等、環境課題への関心の高まりを背景に、顧客の間でも、身近な商品のなかで、エシカルな物を選びたいという志向を持っている人も増えている。また、コロナ禍においてテレワーク等の普及や、オフィス需要が減少するなかでも、同社のカートカンの緑茶は前年比 131 %と伸長している。

このような市場背景を受け、今回、日本において紙製飲料容器「カートカン」からは初となる「水」を新たに発売し、ラインナップの拡充を図る。紙製飲料容器において、水は香りや色が移りやすい等の課題があり、技術的な面で商品化が難しい中、検証を重ね今回の発売が実現した。パッケージは、カートカンの「森林保全活動サイクル」を訴求するため「森林保全」「森林育成」「間伐材使用」「寄付」をイメージしたイラストを配したデザインとした。

カートカンは、農林水産省の「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」内でも紹介される予定となっており、行政の関心も高い容器だ。同社は、 2030 年までに販売する PET ボトル商品においてリサイクル原料の使用割合を 50 %とする目標を策定し、環境配慮した取組みを推進している。そのような中、カートカンの普及を推進することで、持続可能な社会の実現に向けて、環境保全活動にも貢献していきたいとしている。
カートカン詳細: https://www.pokkasapporo-fb.jp/cartocan/

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら