繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

トレンド座談会、「食生活において健康を意識することがあるか」を調査

リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、外食のプロフェッショナルを集め、“今”はやりの外食トレンドを発表するための「トレンド座談会」を開催しているが、今回は、「食生活において健康を意識することがあるか」について全国の20代~60代の男女1,034名にアンケート調査を実施した。
■食生活で「時折健康意識」25.6%、「普段自制も時折思い切り」40.2%
 食生活において健康を意識することがあるか調査したところ、なんらかの形で意識している人は80.2%と大多数を占めることが分かった。その内訳を見ると、「普段から健康に気をつかった食生活をしているが、時折健康を気にせず食べたいものを食べたいだけ食べる日がある」が最も多く40.2%、次いで「普段はそれほど健康に気をつかっていないが時折健康を意識した食事内容にしている」が25.6%だった。
■「ととのえ飯」の習慣を「実践している」「採り入れたい」人は半数以上
 不健康な生活・食事を一定期間行ってしまったことを後悔し、リセットを心掛けたときの食事を「ととのえ飯」と名付け、頻度別に、週1回程度を「小ととのえ飯」、月1回程度を「中ととのえ飯」、年1回程度を「大ととのえ飯」と定義。それぞれ実践していることはあるかという質問では、小中大全てで「実践している」と「採り入れたい」の合計が半数を超える結果に。実践している人の割合は1~2割程度だったものの、「実践していないが採り入れたい」と答えた人はいずれも4割前後を占め、今後習慣として採り入れる人が増えていきそうだ。
■「小ととのえ飯」「中ととのえ飯」「大ととのえ飯」それぞれに違った傾向が見られる
 大中小ととのえ飯それぞれでどんなことをしているかという質問に対する自由記述回答を見てみると、それぞれ傾向があると言えそうだった。「小ととのえ飯」で多かったのは、「ヨーグルトを食べる」といった具体的なメニューを挙げるパターン。自分なりの「必勝メニュー」でリセットを心掛ける人が多そう。また、「ラーメンを大盛りから並盛りに」など普段の不摂生を改善するようなものもあった。「中ととのえ飯」で目立ったのは、より科学的な色の濃い回答。「300g以上の野菜を取ったうえ、低カロリー高タンパク質を心掛けている」といった「必勝パターン」を持った人も少なくなかった。「大ととのえ飯」で多かったのは、「1日絶食」などファスティング(断食)の類いとおかゆなど胃腸に優しいメニューに絞った食事だった。
■「ホットペッパーグルメ外食総研」研究員からの解説
 「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員の有木真理氏は、『切っても切り離せない食事と健康の関係。今回の調査では「普段自制するが時折思い切り食べる」が40.2%と最も多く、「普段は健康を意識しないが、時折意識した食事をする」が25.6%で2番目に多いことが分かりました。前者はいわゆる「チートデイ」と呼ばれていますが、後者には名前がありませんでした。そこで私たちは「不健康な生活・食事を一定期間行ってしまったことを後悔し、リセットを心掛けたときの食事」を「ととのえ飯」と名付けました。週に1回程度の軽く体調を意識した食事を「小ととのえ飯」、月に1回程度の健康向上のための食事を「中ととのえ飯」、年に1回程度の大幅に健康を改善したいときの食事を「大ととのえ飯」と名付けて細分化し、さらに調査したところ、いずれも半数以上の人が「実践している」「実践していないが採り入れたい」と回答。コロナ禍もあって近年は健康意識がますます高くなっており、今後「ととのえ飯」の文化が一般的になるかもしれません。』とコメントした。

【調査概要】
調査時期:2021年11月26日~11月28日
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国の20~60代(マクロミルの登録モニター)
有効回答数:1,034人(男女各517人)

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら