繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、コロナ禍での「子連れ外食」に関する調査

リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象とするアンケートを実施し、その中で同居する18歳未満の子どもがいる人2,270名を対象に、「子連れ外食(同居する 18歳未満との外食)」の実態について集計を実施した。
 コロナ禍において、会社や仕事関係の相手との外食が減ったことから相対的に家族や親族との外食のシェアが増加している。そこで、家族との外食の中でも特にコロナ禍の影響を受けそうな、子どもとの外食状況の把握を目的に、同居する 18歳未満の子どもとの外食の実態について尋ねるアンケート調査を行った。
■コロナ禍でも「子連れ外食」の過去1年間の実施率は84.4%と高い
 まず、「子連れ外食」の実施の有無について聞いたところ、「一緒に外食をした」(84.4%)との回答が8割強と、多くの家庭で「子連れ外食」が行われていたことがわかった。
 性年代別では、30代女性が他の性年代に比べて最も高く86.6%であった。子育て世代である20~50代男女の外食実施率は大差ないことから、子どもの年齢の高低はコロナ禍での「子連れ外食」の実施に大きく影響しなかったと考えられそうだ。
■実施率の高い「子連れ外食」は「週末」「車で」「ショッピングセンターやロードサイド」
 次に、「子連れ外食」の実施内容を尋ねたところ、食事の種類では「夕食」(76.0%)、「昼食」(72.0%)が、お店の種類は「食事主体のお店」(92.0%)が、曜日としては「土曜日」(74.9%)、「日曜日」(72.2%)が多かった。さらに、お店の立地では「ショッピングセンター等商業施設内」(53.0%)、「ロードサイド」(48.4%)が、お店への行き方では「自家用車」(74.9%)が高かった。東海圏では、特にお店への行き方で「自家用車」が 94.0%と他の圏域を大きく上回っている。
■コロナ禍での「子連れ外食」の特徴は、「車で」「ロードサイド店」
 「子連れ外食」の実施内容を、過去1年間で「外食をした」と過去1年間では「外食をしていない」に分けて比較すると、食事の種類、お店の種類、曜日では明確な差がないが、お店の立地では「ロードサイド」で、お店への行き方で「自家用車」で差が見られた。コロナ禍で比較的安心に移動できる「自家用車」を選んだ結果「ロードサイド」のお店に行っているのか、「ロードサイド」のお店に移動するための手段で「自家用車」を利用したのか、どちらが原因もしくは結果であるのかについてはこの調査からは断定できないが、この2つのキーワードは、コロナ禍で「子連れ外食」をしている人の特徴をあらわしていると言えそうだ。
■コロナ禍で「子連れ外食」を行った人の外食目的No.1は「自炊の手間を減らすため」
 過去1年間に「子連れ外食」を行った人の外食目的を尋ねたところ、最多は「自炊の手間を減らすため」が 57.8%、2 位は「普段、家では作ることができないような料理を食べるため」が 57.1%で、上位2つの選択肢が5割を超える目的として選ばれた。性年代別では、30・40代女性で「自炊の手間を減らすため」が高く、40・50代男性では「家族へ慰労・感謝の意を示すため」が高くなっている。「子連れ」であるかどうかに関わらず、外食の主要な目的として、注目したいデータである。
■「子連れ外食」のお店選び重視点トップは約3人に2人が選んだ「価格帯が手ごろなこと」
 「子連れ外食」する際のお店選びで重視する点では、「価格帯が手ごろなこと」(66.2%)が最も多く選ばれ、2位は「子ども向けメニューが充実していること」(49.6%)、3 位は「衛生対策・コロナ対策がしっかりしていること」(47.3%)が選ばれた。「子連れ外食」実施率が最も高かった30代女性では、多くの項目が選ばれ多岐にわたる関心が伺われるが、特に「子ども向けメニューが充実していること」「個室やファミリー席などがあり、他の客に気兼ねなく楽しめること」「家族連れの客が多い店であること」では、全体平均を大きく上回る割合を示しており、他の性年代よりもこだわりの強い項目であると言える。

【調査概要】
調査方法:インターネットによる調査
調査時期:1月4日~1月12日
調査対象:首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女のうち同居する18歳未満の子どもがいる人(マクロミルの登録モニター)
有効回答数:2,349件

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら